ゲーミングUMPC「GPD WIN Max」の画像/性能が公開。 すまほん!!

 中国深センのPCのメーカーGPDは、ゲーミングUMPC「GPD WIN Max」のスペックを公開しています。

 従来モデルが6インチであったのに対し、本機は8インチHD解像度(1280×800)のディスプレイを搭載します。キーボードは6列。上部左右にジョイスティック、上部中央にタッチパッドの存在を確認できます。

 AMD RyzenではなくIntel Core i5-1035G7。グラフィックはIris Plus graphics 940、OSはWindows 10 Home、TDPは15~25W、メモリは16GB LPDDR4、ストレージは512GB。インターフェイスは以下の通り。microSDスロット、RJ45  Ethernetコネクタ、USB Type-C、Thunderbolt 3、HDMIなどを確認できます。R1/R2/L1/L2ボタンの存在も確認できます。

 GPD WIN Maxはツインターボファン+デュアルヒートパイプの冷却システムを搭載し、従来機種よりも高い排熱設計になっているといいます。

 なお、大型化を毛嫌いするリプライに対しては、GPD Game Consoles公式アカウントは、GPD Win 3の開発を示唆する回答をしています。

こんな記事も読まれています

ゲーミングUMPC「OneGX1」はモバイルネットワーク対応!

Motorola Razr 2019実機の外観が判明。

トリニティ、おしゃれで1ヶ月駆動の新機軸ウェアラブル「weara」発表。

ついにキタッ!最高クラスのノイキャン性能、最大6時間連続再生可能、完全独立型イヤホン「Wf-1000xm3」登場!