弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

ワイモバも「制限後1Mbps」。スマホベーシックプランM/Rが7月1日から改定へ

 SoftBankは、サブブランド「Y!mobile」の「スマホベーシックプランM / スマホベーシックプランR」を7月1日に改定すると発表しました。

 両プランで、制限後速度が128kbpsから1Mbpsへと増速されます。

 また、スマホベーシックプランMは9GB/月であったのが、1GB追加され、10GB/月になります。データ増量オプション適用時は12GB/月であったのが、13GB/月に。以下、記事中全て税別。

  • スマホベーシックプランM:10GB/月 3680円 最大1Mbps 
  • スマホベーシックプランR:14GB/月 4680円 最大1Mbps

 UQmobileが、楽天モバイルに対抗したプランを発表。制限後速度が1Mbpsとなっています。今回のワイモバのプラン改定は、UQmobileへの対抗措置と見られます。

 現在、新規割が700円つくため、新規契約ならスマホベーシックプランMは2980円に。これはちょうどUQmobileのスマホプランRと同値。

 UQmobileは、当局が認可すればKDDIの正式なサブブランドとなる見込み。SoftBankのサブブランドであるY!mobileとはライバル関係と言えます。

 7月1日以降の改定が楽しみなところです。

オンラインショップでY!mobileを契約。[AD]
Y!mobileオンラインショップ
UQモバイルの最新端末をチェック [AD]
UQ mobile オンラインショップ
情報元SoftBank
詳しく読む
すまほん!!を購読しませんか?

Twitterでも最新更新を配信・通知しています

フォローする 再度表示しない