ソニー、ワイヤレスヘッドホンWH-1000XM4発表。ノイキャン強化、aptX非対応 すまほん!!

 ソニーは、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット 「WH-1000XM4」を発表しました。カラーはプラチナシルバーとブラックの2色。発売日は9月4日。

 ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサーでノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」や高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1を継承。ノイズキャンセリングのアルゴリズムが進化したことで、さらなる静音性を実現。リアルタイムに静音処理することで、従来機種「WH-1000XM3」よりも、人の声などの中高音のノイズを低減。

 装着中にユーザーが発した声を自動認識し、音楽を一時停止してノイズキャンセルをオフ、外音取り込み機能に切り替える「Speak-to-Chat」に対応するとのこと。それならつけっぱなしでも利用しやすいかもしれませんね。

 新機能追加のためセンサーなどが増えているにも関わらず、254gの軽量さも魅力。

Sponsored Link

 同時に2つのBluetooth対応機器に接続と切り替えが可能。これはソフトウェアアップデートで対応予定。PCでの音楽鑑賞やテレワーク会議中、スマホの着信があっても受話できるというわけです。

 ただし対応コーデックはSBC/AAC/LDACとのこと。WH-1000XM3では対応だったaptx/aptX HDには非対応なので、PCで利用する場合、SBCコーデックになってしまうのは非常に残念。これで筆者は泣く泣く購入断念。

 最近のAndroidの多くはLDACをサポートしているので、PCで利用しない人にとっては魅力的なヘッドホンですね。Xperia 1IIやXperia 10IIでも利用できますよ。

オンラインストアでソニー製品を買う
Sony Store