カラフルな安価ハイエンド、「Galaxy S20 Fan Edition」が正式発表 すまほん!!

 2020年8月23日に行われたSamsungの製品発表イベント「Galaxy Unpacked for Every Fan」にて、「Galaxy S20 Fan Edition」が正式発表されました。

デザイン

 Galaxy S20 Fan Editionは、前面はパンチホールを採用した6.5インチのフラットディスプレイを搭載し、背面には3眼カメラを備えています。

 基本的には、先日発売された「Galaxy Note20」に近いデザインとなっていますが、「Galaxy S20 Fan Edition」の一番の特徴は何と言ってもカラーバリエーションが豊富な点です。Galaxy S20 Fan Editionは、クラウドネイビー、クラウドホワイト、クラウドラベンダー、クラウドミント、クラウドレッド、クラウドオレンジの合計6色展開となっています。

 背面の素材はGalaxy Note20と同じプラスチック素材で、ガラス素材と比較して光沢がなく指紋がつきにくいことが特徴です。

スペック

 Galaxy S20 Fan Editionは、比較的高いスペックを持っています。Galaxy S20 Fan Editionには5Gモデルと4G/LTEモデルがあり、このうち5GモデルはSoCにSnapdragon 865を採用するほか、128GBと256GBから選択可能な内蔵ストレージと、8GBの実行メモリを搭載しています。もちろんmicroSDカードにも対応しており、最大1TBまで拡張が可能です。

 また、6.5インチのSuper AMOLEDディスプレイを搭載し、画面の120Hz駆動にも対応しています。

 リアカメラは3眼構成で、1200万画素の広角カメラ、800万画素の望遠カメラ、1200万画素の広角カメラを搭載し、最大30倍のハイブリッドズームが利用可能です。

 スペックの詳細は以下の通りです。

Sponsored Link
OS Android 10
SoC Snapdragon 865
メモリ 6/8GB
容量 128/256GB
画面 6.5型 (1080×2400)
カメラ 1200万画素(広角)+1200万画素(超広角)+800万画素(望遠)
インカメラ 3200万画素
電池 4500mAh
寸法 159.8 × 74.5 × 8.4mm, 190g
その他 One UI 2.5

発売日、価格

 Galaxy S20 Fan Editionは、海外で2020年9月23日より予約が開始され、2020年10月2日より発売されます。価格は5Gモデルが699.99ドル(日本円で約7万4000円)となっており、性能はGalaxy Sシリーズとほぼ同等ながらも価格を抑え、手に届きやすい価格となっています。

 国内での発売に関しては、今回の「Galaxy Unpacked for Every Fan」イベントがGalaxy Mobile Japanから事前に予告されていないことを鑑みると、可能性は低いものとみられます。

総評

 今回発表された「Galaxy S20 Fan Edition」は、不要な部分を削ぎ落とし、必要な部分にとことんこだわったスマートフォンです。新型コロナウイルスの影響で経済状況が不安定中で、こういった安価で高性能なスマートフォンの需要は増えており、多くの人の注目を集めています。

Galaxyをオンラインで購入する
docomo au 楽天 ETOREN