iPhone 12 mini ファーストインプレッション すまほん!!

 本日発売したAppleの5.4インチ小型スマートフォン「iPhone 12 mini」が到着したのでファーストインプレッションをお届けします。

 同時に購入したiPhone 12 Pro Max同様、輸送用段ボール箱から激しい異臭がしましたが、化粧箱や製品には臭いは移っていませんでした。

 環境配慮で内容物は減っています。

 側面デザインがラウンドではなくフラットになりました。

 往年のiPhoneを思い出させて良いですね。カラーリングは黒色なのですが、たまに光の入り方や角度によって、ごくわずかに紺色を思わせる瞬間があって、それもいい味出してると思うんですよね。

 iPhone 12 Pro / Pro Maxは側面とカメラ突起部が光沢仕上げで背面がマットなのですが、iPhone 12 / miniはその逆で、側面とカメラ突起部がマット仕上げ、背面がガラスなのですよね。見た目はなかなか満足度高いです。

 ただ、全体的なカラーバリエーションで言うとポップ調な蛍光色中心で、黒色以外にはあまり惹かれなかったのも事実。いっそiPhone Pro miniでも出してくれたらいいんですけどね。

Sponsored Link

 カメラ突起は、iPhone 12 miniはProほどは出っ張っていません。

 サイズ感を他の機種と比べるとこんな感じ。第2世代 iPhone SE よりもさらに小さい。今年のモデルはSEもminiもAppleロゴの位置は中央です。

(国際版 Xperia 10 II, SIMフリー版 iPhone 12 mini, SIMフリー版iPhone SE 2nd Gen, Rakuten Mini)

 この持ちやすい小型サイズなのに、しっかりフルディスプレイ。対角線上の角なんかにも指がしっかり届く。良いですよ、コレ。ポケットへの収まりも非常に良いんです。

 重量実測値は133.3g。めっちゃ軽いです。どんぐらい軽いかと言うと、筆者手持ち端末の実測値でarrows 5Gが171.5g、iPhone SE2が155.6g、そしてあのAQUOS zero2ですら140.5g。めちゃんこ軽い!!!!フワッと、は言いすぎですけど、ほんと軽やか。

 ベンチマークスコア。GeekBench 5はシングルスコア1592点、マルチスコア4168点。3DMark Sling Shot Benchmarkは5235点。

 「iPhone 12 miniみたいなハイエンドコンパクト欲しかった!!」というところではあるのですが、こういう機種が全く主流でなく出てこない理由もわかりますよね。高速通信できればできるほど表示できるコンテンツはリッチになり、画面の解像度もサイズも向上しますからね。じゃあ5G通信になったら、なおさら小型機は出てこないだろう……というところで、体力のあるAppleが「あえて」出してきたのは、実に素晴らしい!iPhone 13世代も、自分はminiを買いたいですね。次回こそぜひ「Pro mini」もお願いしますよ、Appleさん!

スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はキャリア公式サイト
docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ