アハモにプラン変更すると、大量のドコモサービスが「自動廃止」されることが判明。 すまほん!!

 NTTドコモは、「アハモ(ahamo)」へのプラン変更で、自動廃止となるサービス、割引、特典の一覧を告知しました。

 大量のドコモの純正サービスが非対応となっています。プラン変更で自動廃止となるアハモ非対応サービスは以下の通り。

  • あんしんパック
  • あんしんパックホーム(携帯回線とペアの場合のみ)
  • あんしんパックモバイル
  • あんしん遠隔サポート
  • いちおしパック
  • お預かりプラス
  • オプションパック
  • 音声入力メール
  • カラダのキモチ(サービス単体)
  • カラダのキモチ(体温計セット)
  • からだの時計WM(サービス単体)
  • からだの時計WM(連携機器セット)
  • キャッチホン
  • クラウドストレージアプリ配信
  • クラウド容量オプション
  • ケータイお探し スポット契約
  • ケータイお探し 月額契約
  • ケータイお探し代行拒否
  • ケータイデータ お預かりサービス
  • スピードモード
  • つながりほっとサポート
  • デジタル機器補償サービス(携帯回線とペアの場合のみ)
  • ドコモ/spアドレス保管中
  • ドコモ60歳からのスマホプログラム
  • ドコモのプランについてくるAmazonプライム
  • ドコモ子育て応援プログラム
  • ネットトータルサポート(携帯回線とペアの場合のみ)
  • ネットトラブルあんしんサポート
  • ネットワークセキュリティ(携帯回線とペアの場合のみ)
  • パケットパック海外オプション
  • ブラックベリー
  • ブラックベリーWEBフィルタ
  • マルチナンバー
  • メールアドレス保管
  • メロディコール(ベーシックコース)
  • ゆうゆうコール
  • ゆうゆうコール特典受取拒否
  • 一定額到達通知
  • 海外パケ・ホーダイ
  • 海外パケット停止安心サービス
  • 国際転送
  • 自動更新なし
  • 転送でんわ
  • 電話番号保管
  • 用途別集計
  • 利用者情報提供拒否
  • 留守番電話
  • docomo Money Transter
  • docomo Wi-Fi
  • docomo Wi-Fi(spモード)
  • dアカウント自動設定
  • dヘルスケア(500円)
  • iチャネル
  • iモード
  • iモードアクセス履歴 検索
  • moperaU
  • spモード
  • spモード決済(GooglePlay等拒否)
  • spモードメールウイルスチェック
  • WEBサイト払宛先拒否
  • WEBサイト払宛先拒否
  • WORLD WING Wi-Fi
  • 5分通話無料オプション
  • docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン/無料キャンペーン
  • dエンジョイパス13か月無料
  • dキッズ13か月無料
  • dフォト13か月無料
  • 5Gギガホ割
  • 5Gギガホ音声割
  • dヘルスケア(300円)割引
  • dヘルスケア(500円)割引
  • ISP当月割引
  • U15はじめてスマホ割
  • あんしんセキュリティ割(ケータイ)
  • あんしんパックプラス割
  • ウェルカムスマホ割(引継用)
  • オプションパック割引
  • ハーティ割引
  • はじめてスマホ割2
  • はじめてスマホ割2(引継)

 既存契約者のプラン変更は注意が必要です。アハモを客寄せパンダにして各ドコモショップで開催中の「プラン無料相談会」で、「これだけたくさんのサービスが使えなくなってしまうんです!」とセールストークすれば、多くの顧客を非アハモのドコモ最新プランに巻き取ることができるかもしれません。

 ドコモの無駄なサービスが不要でシンプルなプランを求める人もアハモのターゲットのなので、そういう人にとってはむしろ無駄なサービスへの加入を強いられることがなくて安心ですね。ただしdアニメやdマガジンなど、ahamoでも利用可能な自動廃止されないサービスも。

 たとえば、この各社の料金競争を機会に「今後は家族のプランまで自分で面倒を見ようと、いざ家族の契約を確認したら、ショップに強制加入させられていた無駄なサービスてんこ盛りで驚いた」という人は、これを機にアハモに乗り換えさせてしまえば一掃できるので便利ですね。うまく活用しましょう。

こんな記事も読まれています

𝕏もフォローしてね

携帯会社・料金プラン」についての他の記事

ソフトバンク版Xiaomi 13T Pro、価格11万4480円に。

Xiaomi 13T Pro

ソフトバンクは、「Xiaomi 13T Pro」を12月8日に発売すると発表しました。国内MNO(自社網を持つ携帯会社)としては「独占販売」となります。価格は、一括払い通常価格11万4480円。Xiaomi 12T Proはかなり高額だったので、価格面での努力も伺えます。「MNP(電話番号そのまま乗り換え)」または5~22歳新規契約にて、指定料金プラン(ペイトク/メリハリ無制限+スマホデビュープラ...

ソフトバンクデビュー割、12月1日以降提供へ

SoftBankソフトバンクデビュー割

ソフトバンクは、「ソフトバンクデビュー割」を12月1日以降、提供すると発表しました。5~22歳は「スマホデビュープラン+」の「ベーシック」が対象。6ヶ月間、デビュー特典として1650円を月額料金から割引。その家族には総額最大1万2000円相当(1000円×12ヶ月)のPayPayポイントを進呈します。...

楽天モバイル、加入者600万人突破。

楽天モバイル

楽天グループの三木谷浩史会長は、楽天モバイルの加入者が600万人を超えたと発表しました。この数値にはMNOだけではなく、MVNO加入者も含むとしています。楽天モバイルは2021年8月に、MNO+MVNO合算値で契約数500万突破、2023年8月にMNO単体の契約者数で500万回線を突破したと発表しています。楽天モバイルの加入者数(含、MVNO)か600万人を超えました。これからも絶え間ない品質向上...

UQ mobile、親子応援割開始へ。12ヶ月間「1320円」と10GB増量

UQ Mobile

KDDIは、「UQ親子応援割」を2023年12月1日から提供すると発表しました。18歳以下利用者とその家族が対象。12カ月間、「コミコミプラン(3278円/月)」の月額料金を1320円割引するとのこと。このため、1年間は月額1958円で利用可能。さらに18歳利用者の月間データ容量を10GB増量するとしています。...

携帯値引き「4万円」新上限、12月27日に正式導入!

値引き規制白ロム割総務省

総務省は、情報通信行政・郵政行政審議会から意見募集を踏まえた答申を受け、省令改正すると発表しました。これまで議論されてきた割引上限規制の見直しが正式に導入されます。4万円以下の値引き上限額は2万円、4~8万円は価格の50%、8万円以上の端末は4万円となります。たとえばハイエンド端末ならMNPで4万円値引きとなることが想定されます。ただし、これまで主に規制潜脱のために提供されてきた「白ロム割」は、今...

復旧:ドコモがまた障害。緊急通報含む音声通話に影響

NTT docomo障害

NTTドコモは、障害発生を告知。音声通話が利用しづらい状況が発生していると発表しました。発生日時は2023年11月23日未明。発生時刻は「確認中」。対象サービスはドコモとドコモ回線MVNO。影響エリアは関東・甲信越の一部。緊急通報も利用できない場合があるとしています。ドコモは今月、法人向けとd払いで障害を起こしたばかりです。2023年11月23日8時15分追記:午前5時46分発生、午前6時13分に...

【悲報】楽天モバイル、物理SIM交換手数料0円を廃止。3300円に値上げ、ただしeSIMは0円のまま

eSIMZERO宣言楽天モバイル物理SIM

楽天モバイルは、SIM交換・再発行手数料の料金を変更すると告知しましたそれによると、従来はSIM交換・発行手数料0円だったのを、物理SIMカードにおいては、3300円税込(3000円税別)に値上げします。楽天モバイルはSIM交換手数料含めたZERO宣言を行っていました。 SIM交換手数料0円改訂は2023年12月13日午前0時より。物理SIM化しておきたい人は、今のタイミングで発行しておくべきでし...