Galaxy Buds Pro レビュー。使って納得、最高にちょうどいい無線イヤホン すまほん!!

 4月8日にSamsungから新型ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」が発売されました。筆者は以前Galaxy Buds Liveを購入して使っていたのですが、「音質やフィット感はいいんだけど、ノイズキャンセリングが強ければなぁ……」と言う感想でした。

 新しく発売されたGalaxy Buds Proには強力なノイズキャンセリングが搭載されており、とても物欲をそそられるような一台。というわけでGalaxy Buds Pr今回はGalaxy Buds Proのレビューをお届けします。

開封

 本体以外の内容物は以下の通りです。

  • イヤーピース(S,L)
  • Type-Cケーブル

 こちらがGalaxy Buds Proのケースになります。サイズ的にはかなりコンパクトで、手のひらに収まるくらいです。ポケットの中に入れておいても全く違和感ありませんね。

 表面はつや消しのマット加工が施されています。指紋も汚れも目立ちにくいのはいいですね。ただ、ツルツルしすぎて落としやすそう。

 充電はもちろんUSB Type-C。

 蓋を開けてGalaxy Buds Proとご対面。Buds Liveと同じ、鏡面仕上げなのが非常に残念です。傷や指紋は目立ちやすいのでかなり扱いにくいんですよね。

(鏡面だと写真を撮るときも写り込みを意識しないといけませんね)

音質

 Galaxy Buds Proは11mmのウーファーと6.5mmのツイーターを搭載しており、柔らかな高音、クリアなサウンド、広いサウンドステージが特徴のようです。

 実際に聴いてみると、すぐに実感することができました。高音の伸びはそれほど強くはないものの、低音はビシッと決まる感じで、籠りがなく、癖が強すぎることもありません。また、Galaxy Buds ProはBuds Liveと比べて音場が広いような印象を受けます。あらゆる方向からスッと音が入ってくるような感じで、非常に聴いていて心地がいいんですよね。

 中音域は少し薄いような感じもしますが、高音域や低音域の部分でしっかり補っていると言った感じで、さほど気にはなりません。専用アプリ「Galaxy Wearable」からイコライザの調整もできますから、自分好みの音に調整するのもありですね。

ノイズキャンセリング

 Galaxy Buds ProにはANC(アクティブノイズキャンセリング)が搭載されています。Buds LiveにもANCは搭載されていましたが、本体自体が開放型で隙間が多かったため、ほとんど実感できない状態でした。

 ただ、Galaxy Buds Proはきちんと耳に密着する形状なので、しっかりANCの効果が実感できます。AirPods Proのような強力なものではありませんが、騒音はしっかり軽減してくれるのでANC目当てで買っても良さそうです。実際に使用してみた感想は以下。

  • 室内でのエアコン音や足音などは一切聞こえない
  • 交通量の多いバイパスなどでは、多少走行音は聞こえる
  • 少し離れた会話は聞こえないものの、目の前の会話はある程度聞こえる

操作・アプリ連携

 音質の方で少し触れましたが、Galaxy Buds Proは専用アプリ「Galaxy Wearable」と連携することで多くの機能を使えるようになります。

 Galaxy Buds Proはタッチ操作に対応しており、長押し時の操作をアプリ内から割り当てることが可能です。

  • タップ:曲の再生 / 停止
  • ダブルタップ:曲送り / 電話の応答or終了
  • トリプルタップ:曲戻し

 ACNの切り替えと、外音取り込みモードの切り替えが可能。また、「音声検出」をONにすることで、ノイズキャンセリング有効時にユーザーの声を自動検知し、一時的に音量のダウン、外音取り込みモードへと切り替えをしてくれます。

 今まではコンビニの会計時などの、ちょっとした会話が必要になる場面では外音取り込みモードをONにする必要がありましたが、Galaxy Buds Proでは不要。自動でいい具合に調整してくれるので、かなり快適になりました。この機能、あるのと無いのとでは使い勝手が全然違いますね。

 ちなみに、AirPods Proの空間オーディオに似た「360°オーディオ」という機能もありますが、こちらはOne UI 3.1以上を搭載したGalaxyスマートフォンでないと使用できません。筆者はもう手放してしまったので、試すことが不可能でした。

バッテリー持ち

 公式サイトによると、Galaxy Buds Proのバッテリー持続時間は下記の通り。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)がオフの場合、Galaxy Buds Proのバッテリー駆動時間は最大約8時間、充電ケースと併用することで驚きの最大約28時間の利用が可能となります。ANC オンの場合でも、最大約5時間。充電ケースを併用すれば最大約18時間バッテリーが持続します。

 実際に使ってみると、ANCをオンにした場合だと4時間40分ほどで充電が切れました。個人的には長時間イヤホンをつけていることが少ないので十分ですが、中には物足りなく感じる人もいるかもしれません。

 Galaxy Buds Proは急速充電に対応。5分間で約1時間分の充電ができるので、ここはいいポイント。ワイヤレス充電もOKです。

遅延

 Galaxy Buds Proはかなり遅延が抑えられている印象です。

 もちろん、ワイヤレスなので遅延が一切全く感じられないというわけではありません。ただ、筆者が普段プレイしている「Crash Royale」というタワーディフェンスゲームで使用したところ、「あぁ、これなら全然問題なく使えるな」と言った感じです。

 一瞬の判断が大切なゲームなので、遅延は命取りになりますが、Galaxy Buds Proであれば普段に限りなく近い感じでプレイできました。音ゲーであれば厳しいかもしれませんが、そこまでシビアなゲームをしない限りは不満に思うことも少ないと思います。

気になった点

長時間使用は厳しいかも

 装着性に関しては完全に個人差があるので一概には言えませんが、筆者の耳だと長時間の使用は厳しかったです。1時間半ほど耳に装着しているとかなり痛くなるので、作業用のイヤホンとしては残念な感じでした。

 もちろん、装着感は人それぞれ。もし気になる方は購入前に試聴するのをおすすめします。

タッチセンサーの感度が強すぎる

 Galaxy Buds Proを装着していると、どうしても位置がズレてくることがありますが、その際、タッチセンサーにほんの少し指が触れるだけで再生が停止されるので非常に煩わしいと感じます。「そりゃあタッチセンサーに触れれば反応するでしょ」って考えると思いますが、本当に指の先の先くらいで触れただけで反応してしまうので、かなりストレス

 アプリ側から「タッチをブロック」をオンにすればいいだけの話ですが、普段からタッチ操作をよく使うユーザーであればかなり不満に感じると思いますよ。

総評

 Galaxy Buds Proは現在、Amazonで1万9800円で購入可能です。2万円程度のイヤホンとして考えれば非常に優秀。音質・ANC・外観・バッテリー持ち、特に不満に思う部分はありません。

 タッチ感度が高い点は微妙でしたが、些細なことです。Galaxyスマホを使っている方であれば、さらに真価を発揮します。2万円程度の完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方には自信を持っておすすめできる一品だと感じました。もし興味あればチェックしてみてください!