クアルコム、ミッドハイSoC「Snapdragon 778G 5G」発表! すまほん!!

 Qualcommは19日、アッパーミドルスマートフォン向けの新型SoC「Snapdragon 778G 5G Mobile Platform」を発表しました。

 Snapdragon 778GはCPUにKryo 670(最大2.4GHz)、GPUにAdreno 642Lを採用。6nmプロセスでの製造となり、前世代のSoCであるSnapdragon 768Gと比較してそれぞれ40%のパフォーマンスの向上がなされており、AIエンジンには「Hexagon 770」を搭載、同じく前世代と比較して処理性能が2倍となるようです。

 画像処理プロセッサはSpectra 570Lで、10bit階調、4KHDR10+での撮影に対応するうえ、3カメラ同時に22MPづつの撮影が可能となっています。

 Snapdragon 7シリーズとしては初めて、描画性能を維持しながら電力を抑えるVariable Rate Shading(VRS)や応答時間を最大20%短縮するQualcomm GameQuickTouchなど一部の「Snapdragon Elite Gaming」に対応。

 通信モデムはSnapdragon X53 Modem-RF Systemを採用、5Gミリ波/Sub6ともに対応するほか、Wi-Fi 6/6Eもサポート。下り最大速度は3.7Gbpsとなっています。

 また、AQUOS R6に搭載されたクソデカ指紋認証こと3D Sonic Maxにも対応。今後同じような機構を備えるモデルが出てくるのが楽しみです。

 Snapdragon 778GはHonor、iQOO、Motorola、OPPO、Realme、Xiaomiのスマートフォンに採用される予定となっています。