中国のMNO、China Mobileが独自スマホ「NZone S7 Pro 5G」を発売 すまほん!!

 China Mobileは、同社のスマートフォンブランド「NZone」の新ミドルレンジ「NZone S7 Pro 5G」を発売しました。

 「NZone」は、China Mobileの新しいサブブランドで、今回の「NZone S7 Pro 5G」が最初の製品となります。

 「NZone S7 Pro 5G」は、6.6インチ・画面比率20:9の縦長LCDディスプレイを搭載しており、ミドルレンジ帯では珍しい、90Hzの高リフレッシュレート駆動に対応しています。

 本体は、サムスンのGalaxy S20シリーズを彷彿とさせるようなデザインで、カラーはゴールデンサンライト・ミスティブルー・エレガントブラックの3色展開となっています。

 リアカメラは3眼構成で、6400万画素のメインカメラ・800万画素の広角カメラ・200万画素のマクロカメラを搭載。インカメラは1600万画素で、ミドルレンジ帯にありがちな水滴型ではなく、パンチホールを採用しており、画面中央上部に配置されています。

 SoCにはMediaTekのDimensity 720を搭載し、実行メモリは8GB、内蔵ストレージは128GBまたは256GBから選択可能。4000mAhのバッテリーを搭載し、最大40Wの急速充電にも対応しています。

 価格は、内蔵ストレージ128GBモデルが2299元(約3万9000円)、256GBモデルが2499元(約4万3000円)でとなっており、6月26日から販売が開始されています。

OS Android 11
SoC MediaTek Dimensity 720
メモリ 8GB
容量 128/256GB
画面 6.6型 (1080×2400)
カメラ 6400万画素(メイン)
800万画素(超広角)
200万画素(マクロ)
インカメラ 1600万画素
電池 4000mAh
その他 リフレッシュレート90Hz対応