MediaTek、タブレット向け5Gチップ「Kompanio 1300T」発表 すまほん!!

 MediaTekは、タブレット向けの「プレミアムフラッグシッププラットフォーム」として位置づけているSoC「Kompanio 1300T」を正式発表しました。

 製造プロセスは6nm。Arm Cortex-A78コアと電力効率に優れたArm Cortex-A55コアのオクタコアによるbig.LITTLE構成。グラフィックは9コアのArm Mali-G77 MC9 GPU。

 MediaTek独自のAPU(AI処理ユニット)を内蔵し、音声、画像、動画アプリでも高速処理と高電力効率を実現するといいます。

 通信は5G Sub6に対応。5G-2CA、デュアル5G SIM、5Gエレベーターモード、5G HSRモードも対応。

 マルチシーンHDR10+や2つのフルHDディスプレイによるデュアルモニター対応。4K HDRビデオ録画も可能。出力は2.5Kディスプレイ、リフレッシュレート最大120Hz。

 MediaTek KompanioチップはChromebookやタブレットなどに搭載されてきました。Kompanio 1300T採用のタブレットコンピューターが2021年第3四半期に発表される予定であると、MediaTekは日本向けリリースで述べています。