SIMロック禁止でも。「バルミューダ」スマホなど「独占」機の意義は? すまほん!!

 SoftBankは、バルミューダ(BALMUDA)と提携したスマートフォンについて、2021年11月以降に独占販売すると発表しました。

 今回の発表ではあくまで予告に留まりました。確実な日程は再度発表予定であり、改めて正式なお披露目がなされる見通し。

 現在開発の最終段階にあり、製品特徴としてはハードウェアデザインやアプリにバルミューダの感性を反映したといいます。バルミューダといえばオシャレなデザイン家電ですから期待したいところです。

 本機のようにSoftBankが行っている特定機種の独占販売。発表会質疑応答では、SIMロックが禁止される現在の情勢下で「独占」取り扱いする意義が問われました。

 あくまで新しいワクワクする製品を顧客に届けるため、そして回線と端末をセットで購入する大きな需要があるためであるといいます。SIMロックが禁止されてもなお、今後もこうした機種を継続的にリリースしていきたい方針です。

 なおバルミューダスマホの対応バンドについては、SoftBank対応周波数やグローバル周波数への対応は言明する一方、他社SIM挿入時についてのバンドについては保証しないと回答。他社プラチナバンド等にはあまり期待しないほうが良いかもしれません。

 最近のSoftBankはメーカーと深く提携した機種の開発投入に尽力しています。同じような試みとしてはシャープやライカと提携した「Leitz Phone 1」があります。こちらは特に他社プラチナバンド非対応と言ったことはありませんが、これは製造メーカーのシャープの方針と思われます。

 ちなみにバルミューダスマホの製造は京セラが担うことが既に明らかとなっています。

 総務省は2021年10月1日よりSIMロックを原則禁止します。各社これに合わせ、先んじてSIMロックを掛けない販売を始めています。