iPhone 14 Proには4800万画素カメラ、iPhone 15にはペリスコープレンズ搭載予定か すまほん!!

 

 著名AppleアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは来年2022年リリース予定の「iPhone 14 Pro」に4800万画素のカメラを、2023年予定の「iPhone 15」シリーズにはペリスコープ(潜望鏡型)レンズを搭載予定とのことです。MacRumorsが伝えました。

 情報によると、「Samsung Galaxy S21 Ultra」といった一部のAndroidスマートフォンで既に採用されているように「iPhone 14 Pro」にはピクセルビニング技術が搭載予定。これによって4800万画素という高解像度に対応したカメラでありながら、光量不足下では1200万画素での出力が可能となり、あらゆる照度でより鮮明な画像撮影が可能になります。

 Kuo氏は2023年リリース予定の「iPhone 15」シリーズのうち少なくとも1モデルはペリスコープレンズを搭載すると重ねて強調。ペリスコープレンズは光を屈折させることでカメラモジュールを薄くし省スペースでも高倍率を可能にする技術で、iPhoneの光学ズーム性能を飛躍的に向上させることとなります。搭載機種の例としては「Galaxy S21 Ultra」「Xiaomi 11 Ultra」「HUAWEI P50 Pro」などがあります。

 iPhoneは単純なスペック値ではAndroidスマホに劣りがちで、カメラはどちらかというと総合的な画像処理能力で勝負する印象ですが、ハードウェアスペック面でも対抗していく動きが伺えます。

こんな記事も読まれています

アハモ機種公表。「Xperia 1II」「Galaxy S20」「iPhone 11」販売、対応は「計93機種」

サムスンが最大5年間のセキュリティアプデ保証。ただし企業向け

噂:これマジ?iPhone SE 3はiPhone XRベースで「側面指紋認証」搭載か!?

携帯4社、iPhone 12/mini紫の予約受付を開始

超当たる専門家「iPhone 13は画面内に指紋認証」「狭額縁な『iPhone SE3』は電源ボタンに指紋認証を搭載」