新型iPhone SEは来年春発売予定か。出荷に向け部品メーカーも準備中 すまほん!!

 2022年前半にリリースされるとの見込みが強い第三世代のiPhone SEですが、複数のiPhone部品メーカーが新型iPhone SEの発売に向け出荷準備をしているとの噂が台湾のDigiTimesより伝えられています。

 業界情報によると、VCM(ボイスコイルモータ)やその他部品メーカー供給元各社は、新型iPhone用の部品の受注量は依然として減っておらず、2022年前半リリース予定である新型iPhone SE用の部品出荷に向け準備をしているとのことです。

 AppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、新型iPhone SEは現行モデルと同じ4.7型スクリーン、3GBの実行メモリ、Touch ID式ホームボタンと太いベゼルが引き継ぎになるそうです。

 一方新機能としては5Gに対応し、より高速なCPUを搭載予定で、おそらくiPhone 13シリーズと最新のiPad miniに搭載されている「A15チップ」であると予想しています。

 台湾の調査会社TrendForceはこの新型iPhone SEのリリース予定を2022年の第一四半期と予想しており、それが正しければ来年三月末までには発売開始されると思われます。

 さらに先を見越した話としては、第四世代のiPhone SEはより大型のディスプレイ、4GBの実行メモリ等のハードウェア面でのメジャーアップデートを伴って2023年内にリリースされるとの噂もあります。サイズアップした第四世代iPhone SEはiPhone XRを元にしたデザインになる可能性もあるとのことです。ディスプレイ大型化のトレンドの中、筆者は個人的に4.7型の小さいディスプレイが好きなので第四世代SEや未来の機種でも継続されるのか気になります。