「motorola Razr 3」出ます!レノボ幹部が明言 すまほん!!

 Galaxy Z Flip3や先日発表のHUAWEI P50 Pocketなど、縦に折るタイプのフォルダブルスマホの始祖である「Motorola razr」シリーズ。現行モデルのRazr 5Gは2020年の9月に海外発表されているのですが、その後継機種の存在が企業の幹部により明言されたようです。Android Authorityが伝えました。

 それによると、Motorolaを子会社に持つLenovoの幹部であるChen Jin氏がWeiboに第三世代のRazrを準備している旨を投稿。これには当然ながら「より高度なチップ性能、より良いヒューマンインタフェース、より雰囲気のある外観」を持つと説明しています。同氏は同時にそのMotorola razr (3世代)が中国市場に最初に投入されるともしています。

 なお、現行のMotorola razr 5Gは2020年の9月に発表、2021年3月に日本にSIMフリー版とSoftBank版が投入されたので、時間差はあれど同様に日本での販売も期待できそう。

 Motorola razrは携帯電話時代のMotorolaの往年のヒット機、Motorola RAZRシリーズを現代に蘇らせたようなコンセプトです。初代と5G版が存在していますが、価格はいずれも15万円を超え、SoCは初代がSnapdragon 710、5G版でもSnapdragon 765Gと価格にしては貧弱。バッテリーに至っては2500/2800mAhと、コスパや機能面的には後続のZ Flip3やHUAWEI P50 Pocketと大きく差をあけられています。この状況を次世代razrが巻き返せるか注目したいところですね。