CP+2022。会場3年ぶり、史上初の混合開催決定! すまほん!!

 一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は、世界最大級の写真映像機器産業展示会「CP⁺2022(シーピープラス 2022)」を開催すると発表しました。

 実に3年ぶりのパシフィコ横浜会場でも開催。出展社や来場者から会場開催を望む声が多かったことを受け、安全対策を最大限に実施した上で行うとのこと。

 実地だけではなくネットでも開催する、CP⁺初の混合開催形式となります。セミナーをオンライン開催し、展示機に触れる実地の密回避を狙うなど、来場者と出展社双方に恩恵のある形をとります。こうした混合開催はコロナ収束後も良い意味で続けていきたいとのこと。

 会場では各種感染対策はもちろん、入場人数制御や来場登録制を実施。来場時間を事前に登録しておく必要があります。第1次募集は1月20日14時から。第2次募集は2月中旬から。

 来場時には下記1、2のいずれか提示が必須。12歳以下は1が必須。

  1. 72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明(メール等の電子媒体を含む)
  2. ワクチン接種証明及び24時間以内の抗原検査の結果の両方

 会期は、会場イベントが2022年2月24日(木)から27日(日)までの4日間、オンラインイベントが2022年2月22日(火)から27日(日)までの6日間。

 CP+2020は開催中止、CP+2021はオンライン開催となっていました。久しぶりの実地開催だけに楽しみなところです。CP+2019の様子は以下より。