出すの遅すぎ!「Galaxy S21 FE 5G」正式発表、安めでハイスペックでデザイン良好 すまほん!!

 サムスンは、同社のフラッグシップ「Galaxy S」シリーズの廉価モデル「Galaxy S21 FE 5G」を発表しました。

 「Galaxy S21 FE 5G」は、Galaxy S20 FEの後継機種であり、2021年1月に発表されたGalaxy S21シリーズの廉価モデルとしての位置付けとなります。

 基本的なデザインは、Galaxy S21/S21+ 5Gとほぼ同じです。ただ、背面は全面マット仕上げになっており、カメラ部と背面全体の色は統一されています。本体カラーは、オリーブ・グラファイト・ラベンダー・ホワイトの3色。筆者個人的には、グラファイトの質感や色に惹かれています。

(画像出典:SamMobile)

 また、6.4型のダイナミック有機ELフラットディスプレイを搭載。画面サイズは、Galaxy S21 5Gと比較して若干大きくなっています。リフレッシュレートは最大120Hzの駆動に対応しているほか、表面ガラスにはGalaxy S21シリーズと同じGorilla Glass Victusを採用。安価なモデルながら、耐久性にも期待が持てそうです。

 カメラは3眼構成で、1200万画素の広角・超広角、800万画素の望遠レンズを搭載し、インカメラは3200万画素。カメラに関しては、Galaxy S21 5Gの望遠カメラが6400万画素である点を踏まえると、コストカットの反映された点でしょうか。

 SoCには、QualcommのSnapdragon 888 5Gを搭載し、内蔵ストレージは128GBまたは256GB、実行メモリは6GBまたは8GB。4500mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、25Wの急速充電にも対応しており、十分にハイエンドスマートフォンと呼べるスペックを持っています。なお、一部のアジア市場向けモデルでは、SoCにサムスンのExynos 2100が搭載されるとのこと。

 気になる価格は、128GBモデルが699ドル(約8万1000円)から。Galaxy S21 5Gの発表時価格は799ドル(約9万2000円)であり、約1万円程度価格が抑えられています。また、海外での発売日は2022年1月11日となっています。

 サムスンは、「Galaxy S21 FE 5G」を2021年第三四半期に発表する予定だったと見られています。しかし、半導体不足などの影響によって何度も発売時期が見直され、一時は開発中止の噂まで出ていました。ようやく脚光を浴びた「Galaxy S21 FE 5G」、今後の端末評価に注目が集まっています。

 なお、「Galaxy S21 FE 5G」が国内で発売されるかは今の所不明ですが、先代のGalaxy S20 FEやGalaxy S10シリーズの廉価モデルであるGalaxy S10eが国内で発表されていないことを鑑みると、国内販売の可能性は低いものと考えられます。

 スペックは以下の通り。

OS Android 12
SoC Snapdragon 888 5G
メモリ 6/8GB
容量 128/256GB
画面 6.4型 (1080×2400)
カメラ 広角:1200万画素
望遠:800万画素
超広角:1200万画素
インカメラ 3200万画素
電池 4500mAh
寸法 155.7 × 74.5 × 7.9mm,177g
その他 25W急速充電対応
IP68
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方