噂:iPhone 14、新プロセッサ「A16」搭載はまさかのPro2機種のみか すまほん!!

iphone14

 著名アナリストのMing Chi Kuo氏は3月14日、自身のTwitterで次期iPhone 14に関する予測情報をいくつかツイートしました。同氏はサプライチェーン筋に複数の情報源を持ち、それらの情報を元に予測レポートを書いている証券アナリストです。

 これまで「iPhone 14シリーズではminiがなくなる」という情報が出ていましたが、Kuo氏は今回のツイートにて「miniの変わりに追加されるのはMaxになる」とし、AppleのiPhoneに関する命名規則から推定するに、2022年に発表される4つの新型iPhoneは、iPhone 14(6.1inch)、iPhone 14 Max(6.7inch)、iPhone 14 Pro(6.1inch)、iPhone 14 Pro Max(6.7inch)になると予測しています。

 スマホの大型化も進んでいるうえ、ゲーム・動画といったコンテンツを大画面で消費したいと考えるユーザーが増えていることも事実。14 Maxはそれなりに需要があるかもしれません。

 さらに気になるのが、以下のCPUに関する別ツイート。iPhone 14シリーズで新プロセッサ「A16」を搭載するのは、Proモデルの2機種のみである可能性が高いとのこと。

 先代iPhone 13では、全ての機種で最新のA15に変更されていました。14ではその慣例通りとはならず、まさかのPro以外はiPhone 13の「A15」で据え置かれる形になるのでしょうか。

 実行メモリに関しても、4機種全てで6GBは搭載するものの、Proだけは第5世代の「LPDDR5」に強化、ほかは先代と同じ第4世代「LPDDR4X」のままと予想しています。当然LPDDR5の方がデータ転送速度や消費電力の点で優れます。

 今後はProと無印で性能差がはっきりと出始めていくのか。それとも、たまたま昨今の半導体不足からチップ製造が間に合わなくなったのか。今後の情報が気になるところです。