Harmony OS2搭載の電子ペーパータブレット「MatePad Paper」発表。 すまほん!!

 中国ファーウェイは、2022年2月27日に、MatePadシリーズ初の電子ペーパータブレット「MatePad Paper」を発表しました。

 「MatePad Paper」は、1872×1404ピクセル・224ppi、10.3インチの高繊細E-Ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載。画面占有率も86.3%と、無駄なベゼルを減らし、より多くの情報を表示できるようになっています。

 ファーウェイが開発した、E-Inkディスプレイ用のスマートリフレッシュモードにより、タッチ操作等のナビゲーションが他社のE-Inkディスプレイよりも高速であり、動画の再生やWebサイトの閲覧もより快適に行えるとのこと。

 また、同社他端末で利用可能な、第2世代HUAWEI M-Pencilスライタスにも対応。26ミリ秒の低遅延で、筆圧感度は4096段階。画面素材にアクリル樹脂を使用しているため、「MatePad Paper」に描くと、わずかな摩擦と音を生じるとのことで、よりリアルな紙に近い書き心地を体験できるようです。日本語に対応しているかは不明ですが、手描き文字変換にも対応します。

 「MatePad Paper」は、HarmonyOS 2を搭載し、HUAWEI端末からのコンテンツ転送もサポートします。実行メモリは4GB、内蔵ストレージは64GBで、Wi-Fi 6+に対応。電源ボタンには指紋認証センサーも搭載します。バッテリー容量は3625mAhで、22.5Wの急速充電にも対応。ファーウェイは、約一時間の充電で最大6日間使用可能であるとアピールしています。

 米国による制裁などで、一気にシェアを落としたファーウェイ。今度は、AmazonのKindleを打倒すべく、新たな端末を発表しました。GMSだけでなく、諸外国でのユーザーをも失いつつあるファーウェイ。今後、どんな方向に進んでいくのでしょうか。国内発表にも期待が高まります。

OS HarmonyOS 2
メモリ 4GB
容量 64GB
画面 10.3型 (1872×1404)
電池 3625mAh
寸法 225.2 × 182.7 × 6.65mm, 約360g
その他 22.5W急速充電対応