噂:Xperia Ace IIIリーク。深度センサー廃止で単眼カメラ化? すまほん!!

 Sonyの普及価格帯に位置するロークラススマホ「Xperia Ace III」とされるリークやリークをもとに作成したレンダリング画像を、著名リーカーのSteve H.McFlyが公開しました。zollegeにより伝えられました。

 それによると、Xperia Ace IIIは現行のAce IIから外観設計をほぼ維持。縦横比は非21:9でウォータードロップノッチを採用、画面サイズは5.5インチ。変わらずイヤホンジャックを採用し、5Gに対応すると伝えています。

 Xperia Ace IIと大きな違いはほぼ見受けられず、背面カメラは1つに減っています。撮像素子を使うわけでもなく存在意義の薄い「カメラ数稼ぎ」のデッドウェイトと化している深度センサー。排除するのは特に失点とは思えません。

 おサイフケータイの印字は見当たりませんが、OnLeaksがレンダリング画像を作る際に端折ったのでしょう。

(Xperia Ace II)

 寸法以外のスペックに関してはリークされておらず、Steve H.Mcfly氏は「iPhone SE3の対抗」とし、さらにzollegeは期待される仕様として「ストレージ128/256GB」や「Snapdragon 888搭載」などと主張しています。

 しかし現行のXperia Ace IIのSoCは最も低性能な部類に位置するMediaTek Helio P35を搭載。SoCだけずば抜けた性能を持つiPhone SEの競合機種というのも言われてみればあまり存在しないですが、Xperia Ace IIは「コンパクトな本体に大容量のバッテリーを詰め込み、解像度を下げることで電池持ちに性能全振り」したような端末。その後継が小型・軽量・電池持ちと無縁なスナドラ888搭載、というのはいくらなんでも荒唐無稽な妄想のように感じます。

 眉唾物ですが価格は2万2000円であるXperia Ace IIから大きく上がり24999ルピー(3万8000円)ほどであるとしています。スナドラ888搭載で4万弱というのは非中華メーカーでみればずば抜けてコスパの良い端末になりそうですが、さすがに怪しいです。

 一方で、Xperia Ace IIIは今年6月ごろの販売となると伝えています。Xperia Ace IIは去年5月の発表で、同機を唯一取り扱うDocomoではすでに購入はできなくなっているので、時期に関しては信ぴょう性は比較的高そうに思えます。

こんな記事も読まれています

「Xperia Ace II」発表。5.5型、4500mAh電池搭載

「Xperia Ace 2 SO-41B」ドコモから登場、控えめスペックに?

噂:Xperia 5 IVは進化少なめ?

劇的向上「Xperia 1 III」対「Xperia 5 II」望遠比較

ソニー、Android 12アップデートを開始。Xperia 1 III / 5 III ロシア販売モデルから

ドコモ版「Xperia 1 II / 5 II」にAndroid 11アップデート配信開始。