ほぼ正方形!画面比率「16:18」27.6型モニター、LGが発表。 すまほん!!

 LGエレクトロニクス・ジャパンは、27.6型の新型ディスプレイ「28MQ780-B」を発表しました。

 このディスプレイの特徴は、なんといっても画面比率。「28MQ780-B」では、世界初のアスペクト比16:18、正方形にも近い縦長のディスプレイとなっており、WQHDのディスプレイを縦に2つ並べた時と同じ解像度(2560×2880)であるとのこと。

 この比率により、ブラウザの閲覧や情報量の多いテキストファイルなども、一度に多くの情報を表示可能。多数の情報を一度に表示する機会の多いクリエイターや開発者に最適なディスプレイとなっています。

 また、PBP(Picture By Picture)機能にも対応。ディスプレイ内で、それぞれ別の入力ソースの画面を2つ並べて表示できるほか、USB Type-Cによる映像入力にも対応し、データ転送や接続機器へ最大90Wでの充電も行うことができます。また、ディスプレイ本体にUSB 3.0ポートを2つ搭載しており、配線の自由度もさらに高まるとのこと。

 視認性や設置製も高く、スタンドには位置の調整しやすいアームスタンドを採用。左右335度、上下各最大25度まで角度を簡単に調整できるほか、130mmの高さ調整もできます。

 最近は、横に横に表示領域を広げるディスプレイも多く、湾曲のあるワイドディスプレイなども多く見られます。そんな中で、LGは、画面領域の縦方向への新たなアプローチをしています。この「若干縦長」ディスプレイが果たして横長ディスプレイと比較して、どのくらい作業効率が上がり便利なのか、筆者も実際に試してみたいところです。

  • 情報元LG