NTT Com個人向け事業を移管。OCNモバイルONEなど すまほん!!

 NTTコミュニケーションズ株式会社とNTTレゾナント株式会社は、2022年7月1日をもってNTT Comのコンシューマ向け(個人向け)事業をNTTレゾナントに移管すると発表しました。

 NTTレゾナントの全株式がNTT Comから株式会社NTTドコモに移管され、完全子会社となる形。

 MVNOサービス「OCNモバイルONE」やインターネット接続サービス「OCN光」などのNTT Comのコンシューマ向け事業を、NTTレゾナントに移管します。

 こうした体制転換には、ドコモのコンシューマ営業戦略のもとで経営方針を統一し、意思決定の迅速化を図ることで多様な需要に応える料金・サービスの提供と販売チャネルの変革による顧客基盤の拡大を加速する狙いがあるといいます。

 2021年12月14日に発表されていた「新ドコモグループの組織の再編成を実施」に基づく措置。これで具体的な日程が決まったことになります。

 利用料金に係わる債権はNTTレゾナントからNTT Comに譲渡。事業移管による既存サービス顧客の手続きは一切不要。メールアドレスやパスワード等にも変更はないとしています。