小型軽量完全無線イヤホン。ソニー「LinkBuds S」正式発表 すまほん!!

 

 Sonyは、日本時間2022年5月19日に、最新のワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」を正式発表しました。

 「LinkBuds S」は、シンプルなデザインと本体の小ささ、軽さが特徴。本体重量は片方約4.8gであり、「LDAC・ノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスイヤホンにおいては」世界最小、世界最軽量となっています。本体カラーは、ホワイト、ブラックと「エクリュ」の3色。

 無印LinkBudsは新開発の耳を塞がないリング型を採用していたのに対し、「LinkBuds S」においてはカナル型を採用。本体の形状も人工工学に基づき設計、耳からの飛び出しを抑え、激しい運動時にも落ちにくい、安定性のある装着が可能になっているとのこと。LinkBudsシリーズは外音取り込みをコンセプトにしており、形状が変更された「LinkBuds S」においても、自然な外音取り込みが実現されています。

 もちろん、ノイズキャンセリング機能も搭載。ユーザーの使用環境に応じて、ノイズキャンセリングのレベルや外音取り込みを自動で変更するアダプティブサウンドコントロールにより、最適な状況で高い没入感のサウンドを楽しむことができます。本製品は360 Reality Audio認定モデルでもあり、対応製品との組み合わせによって、Dolby Atmosの立体音響コンテンツを再生することも可能となっています。

 Bluetooth接続においては、ゲームに最適な低遅延を実現する次世代Bluetoothオーディオの「LE Audio」に後日対応するほか、コーデックではSBC・AACの他にLDACにも対応します。

 通話に関しては、先日発売された同社のフラッグシップワイヤレスヘッドホンであるWH-1000XM5と同じ通話技術を採用しており、周囲の騒音や風の音をカットし、クリア音声での会話が可能になるとのこと。

 その他新機能として、「Auto Play」機能を新しく追加。この機能では、通話や歩行といったユーザーの行動の変わり目を自動で認識し、Spotify等提携音楽サービスのコンテンツが自動再生されます。ユーザーがスマートフォンやイヤホンのタッチパッドで操作しなくても、シームレスに音楽が楽しめます。

 バッテリー面では、ノイズキャンセリングオン時に単体で6時間、ケースでの充電を含めると最大20時間の音楽再生が可能であるほか、5分の充電で約60分再生可能な急速充電に対応。小型ながらも高いバッテリー性能を兼ね備えています。

 「LinkBuds S」は、2022年6月3日より販売が開始され、市場想定価格は2万6000円前後。ソニー公式オンラインストアでは、2万6400円で既に予約受付が開始されています。また、5月19日から都市部の一部ソニーストアにおいて製品の先行展示も行われています。

 小さくてコンパクト、かつ高音質でありながら、ノイズキャンセリングなど現代に不可欠となっている機能に対応しており、バッテリー性能も高い「LinkBuds S」。筆者は、耳からの飛び出しが少ないイヤホンが好みであり、これまでサムスンのGalaxy Budsシリーズを愛用してきました。今回の新製品は、デザインやサイズが好みにドンピシャな上、約2万6000円という価格に対して高機能であり、とても魅力を感じています。

ソニーストアでSIMフリーXperiaを買う
Sony Store