「世界初の耐水ゲーミングスマホ」登場?ROG Phone 6に期待 すまほん!!

 台湾ASUSのゲーミングブランドであるROGは、ハイエンドゲーミングスマホである「ROG Phone 6」の正式発表を7月5日に行うことを公表ていましたが、ゲーミングスマホとして初めて防滴にも対応することがわかりました。

 ティザー画像より、すでにROG Phone 6のスペックはいくつか判明しており、ROG Phoneシリーズとして初めて公式にディスプレイのリフレッシュレート165Hzに対応。また、ベイパーチャンバーやグラファイトシートなど熱処理にかかわる部材の面積がそれぞれ30%と85%巨大化したことをアピール。ゲーミングスマホならではの放熱性能が期待できます。

 加えて、「ゲーミングスマホとしては初めて」IPX4相当の防滴に対応したことを投稿。あらゆる方向からの飛沫に対応するレベルであり、一般的な防水対応スマホからは劣るレベルですが、物理ファンやトリガーボタンなどを備え、対策が難しいことが考えられるゲーミングスマホでは快挙といえるのかもしれません。

 それ以外の情報については公式には明かされていませんが、複数の認証機関により様々なスペックが推測できます。中でも中国の認証機関であるTENAAでは現地の特別版である「Tencent版」の実機写真や一部スペックが公開されており、それによるとSnapdragon 8+ Gen1や6.78インチのディスプレイを採用、最大18GBのメモリと512GBのストレージを備えるとのこと。また、6000mAhのバッテリーと65Wの急速充電をサポートすることもわかっています。

 ROG Phone 6シリーズの発表は日本時間で7月5日の21時より行われる予定。現行のROG Phone 5シリーズでは新しく最上位機種のUltimateが追加されましたが、今回はどうなるのでしょうか。