驚異の11点トラッキングを低価格で実現。シフトール、HaritoraX「肘/腰」拡張セットを発表 すまほん!!

 メタバースで全身動ける!

 株式会社Shiftallは、「HaritoraX 肘トラッキング拡張セット」「HaritoraX 腰トラッキング拡張セット」を発表しました。

 メタバース空間上にてアバターの全身を動かせる「フルトラ」を実現するHaritoraX。これと今回の拡張セットを組み合わせることで、肘と腰の動きも追跡できる、驚異的な「11点トラッキング」を実現可能に。現実の身体の動きをより高精度に反映可能となります。Meta Quest 2、HTC VIVEなどのVRヘッドセットと共に使っているユーザーも多いことでしょう。

 「フルトラ」可能な機器自体は他にもあるのですが、たとえばVive Trackerを用いる場合は導入費用は高い上、「ベースステーション」と呼ばれる赤外線射出装置を部屋に設置する必要があるため敷居が高いものでした。

 これに対してHaritoraXはベースステーション不要で、加速度・地磁気センサにて測定、低コストで導入可能となっています。

 今回発売する拡張セットは、現行HaritoraXの拡張ポートに接続します。なお近日告知予定の「HaritoraXマイナーチェンジVer」と、今回の拡張セットには互換性がないとのこと。

 「HaritoraX 肘トラッキング拡張セット(SVP-MC1E)」は 1万3900円(記事中全て税込み)。予約開始日は8月31日、発送予定は10月初旬。

 「HaritoraX 腰トラッキング拡張セット(SVP-MC1W)」は 2万7900円。発売日は2022年内。