「Redmi K50 至尊版」正式発表。スナドラ8+ Gen1に巨大30000㎟冷却ガン積み すまほん!!

 Xiaomiは、高い処理性能とコスパを誇るRedmi K50シリーズに、新たに「Redmi K50 至尊版(Ultra)」追加を発表しました。

パフォーマンス

 Redmi K50 至尊版は、SoCにSnapdragon 8+ Gen1を搭載。既存のRedmi K50ファミリーではDimensityの最新シリーズやSnapdragon 8 Gen1などを採用しており、また同SoCの搭載はRedmiブランドとしても初。

 また、合計30000㎟の巨大な冷却面積を謳い、ゲーミング性能の高さにもアピールしています。重量級ゲームの代名詞である原神では、プレイ時の平均リフレッシュレートが59.4fps、最高温度は46℃であったとのこと。

 メモリは8/12GB、ストレージは128/256/512GBと豊富な選択肢を用意します。

ディスプレイ

 ディスプレイは有機ELの6.67型、解像度は1.5K(2712×1220)のフラットディスプレイ。リフレッシュレートは120Hz、タッチサンプリングレートは480Hz。

 一方で、Redmi K50/K50 Proではディスプレイの解像度がWQHD+だったため、画素密度自体は低下していることになりますが、Xiaomiはこれに対して「1.5Kでもあまり変わらない上に消費電力が1080pにかなり近い」といった旨の主張をしています。

 一方、ディスプレイは12bit、言い換えれば687億色での表示が可能。まあ正直その違いを目で見て感じ取れるかは謎ですが、Xiaomi 12ぐらいでしか見かけない機能がRedmiにも降ってきました。また、本体下部ベゼルは2.4mmとかなり小さいのもGoodポイントです。

カメラ

 カメラはOIS対応1億800万画素+800万画素超広角+200万画素マクロの3眼構成。

 カメラの配置はXiaomi 12シリーズや同時発表のXiaomi Pad 5 Pro 12.4と同一で、Redmi K50 Prとはカメラ配置こそ異なるものの、カメラ本体の構成は同一です。

 インカメラはIMX596の2000万画素。一般的なパンチホール式で、特筆すべき事項はありません。

バッテリー

 バッテリーは5000mAh。Xiaomi 12シリーズなど高級モデルに搭載されているXiaomiの独自チップ「Surge P1」を搭載し、120Wでの充電をサポート。

 なぜか満充電までの時間は記載されていませんが、参考程度に、同じく120W対応で5000mAhのXiaomi 11T Proが満充電に要する時間は17分。なお、ワイヤレス充電には非対応。

日本にも投入、120W急速充電対応のコスパ機 Xiaomi 11T Pro

その他

 その他、ステレオスピーカーを搭載し、Wi-Fi 6Eに対応。画面内指紋認証を備えます。

 本体色はシルバーとブラック、ブルーに加えて限定20000台のメルセデスベンツのAMGとコラボしたモデルが用意されています。

 価格は2999元、日本円にして5万9000円から。Snapdragon 8+ Gen1を搭載したスマホとしてはかなり安価です。

スペック表

OS MIUI 13(Android 12)
SoC Snapdragon 8+ Gen1
メモリ 8/12GB
容量 128/256/512GB
画面 6.67インチ有機EL,1.5K(2712×1220)
リフレッシュレート120Hz
カメラ 1億800万画素+800万画素超広角+200万画素マクロ
インカメラ 2000万画素
IMX596
電池 5000mAh
120W
寸法 163.1×75.9×8.6mm ,202g
その他 画面内指紋認証,Wi-Fi 6E
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)