ファーウェイ、MateBook D 16 / MateView SE / MatePad T8など国内新製品発表! すまほん!!

 Huaweiは9月15日、国内向けの新製品を複数発表しました。

HUAWEI MateBook D 16

 比較的廉価なDシリーズ。16インチの大画面で、解像度は1920×1200。従来のDシリーズ(16:9)と違い16:10のアスペクト比となっています。プロセッサーは第12世代インテルCore i5-12450Hで実行メモリは8GBと16GBから選択可能。SSDは512GB。Windows 11 Homeを搭載します。

 HarmonyOSのように周辺機器と容易に連携できるSuperDeviceや、Huawei製品とのファイル転送、接続したデバイス内のファイル検索、FreeBuds等のポップアップ表示などHuawei製品同士の連携が強み。

 MateBookシリーズといえばキーボードに埋め込まれたポップアップ式インカメラが特徴的でしたが、今回はついに上部ベゼルに埋め込まれました。ノッチはありませんが、やや上に出っぱっているようです。インカメラはAIにより常に被写体に合わせて画角を調整します。

 キーボードはテンキー付き。画像ではUS配列ですが実際はJIS配列です。電源ボタンは指紋認証一体型。ポートはUSB Type-Cが2個、USB Type-Aが2個、HDMI、ヘッドホン・マイクジャックと豊富です。KingsoftのWPS Officeや超小型65W急速充電器が付属します。質量は約1.7kg。

 価格はメモリ8GBが17万2800円、16GBが19万2800円。9月15日発売です。

HUAWEI MateView SE

 モニターシリーズ「MateView」の廉価モデル。23.8インチIPSで解像度は1920×1080。極細ベゼルにより画面占有率は92%を誇ります。リフレッシュレートは75Hz。

 DCI-P3を90%、sRGBを100%カバーし、「シネマレベルの色域」を謳います。AMD FreeSyncにも対応し遅延を抑えられます。テュフ ラインランドのフリッカーフリー認証と低ブルーライト認証、SGSのLow Visual Fatigue認証を取得し、長時間の使用でも目が疲れにくいといいます。eBookモードを搭載し、白黒表示にすることも可能。

 大きな特徴として、縦横回転版は90度回転して縦長で使うこともできます。さらに約11cmの幅での高さ調整、上向き傾斜角度約18度、下向き傾斜角度約5度のチルト角調整も可能。100mm×100mmのVESAマウント規格に対応するのでモニターアーム取り付け可能。

 縦横回転できない標準版は高さ調整も不可、チルト角の調整は上向き傾斜角度約18度・下向き傾斜角度約3度、VESAマウント非対応となっています。

 下側にジョイスティックを搭載し、メニューを簡単操作できます。ポートはHDMIとDisplayPortが1つずつ備わっています。

 価格は縦横回転版が2万6800円、標準版が2万2800円。9月15日発売です。

HUAWEI MatePad T8

 廉価タブレットシリーズ「MatePad T」の8インチモデルがリニューアル。今となっては貴重なコンパクトサイズで、約310g。解像度は控えめの1280×800となっています。

 プロセッサーはKirin 710A。実行メモリは2GB、ストレージは16GBと32GBから選べます。最大512GBのmicroSDカードに対応。OSはAndroid 10ベースのEMUI 10.1でHUAWEI Mobile Services(HMS)を搭載します。

 自動的にコントラストや明るさを調整し快適に長時間の読書がきでるeBookモードや、子ども向けの機能も搭載しています。

 Wi-Fiモデルのメモリ16GB版は1万9800 円、32GB版は2万2800 円で9月15日発売。新たに加わったLTEモデル(メモリ32GB)は2万4800円で9月22日発売です。

HUAWEI WiFi AX3 NEW

 Wi-Fi 6に対応した家庭用無線LANルーター。新たにIPv6(IPoE / IPv4 over IPv6)に対応します。

 HUAWEI AI Lifeアプリで簡単にデバイスの管理が可能。ゲスト用に期間限定のパスワードを生成したり、子どもに不適切なウェブサイトへのアクセスをブロックしたりできます。

 本製品を複数台利用し、メッシュ化も可能。複数ルーターでも同じSSIDで一体化でき、端末の位置に合わせて最適なルーターに自動で接続を切り替えます。

 価格は8800円。10月下旬発売予定です。

HUAWEI Mobile WiFi 3

 Huaweiのモバイルルーターが新たにLTE Cat7に対応。アップロード速度は全モデルの2倍である最大100Mbpsにアップしました。さらに同時接続端末数も全モデルの2倍である32台にアップ。

 127gの軽量デザインながら、約12時間の連続駆動が可能。スタンバイモードでの待ち受け時間は約700時間。

 VPN Client機能にも対応。VPN情報を登録すると都度の入力が不要になり、社内ネットワークなどに接続しやすくなります。

 価格は1万4960円。9月30日発売です。

HUAWEI Stylish Backpack

 昨年まではClassic Backpackでしたが、今回はスポーティーなStylish Backpack。容量は18.5L、質量は約920g。

 11〜16インチの薄型ノートPCを収納できます。サイドにファスナーがあり、簡単に出し入れができます。さらに上部を巻いたり折ったりすることで容量調整が可能。留め具をはずせば最大容量になり多くの荷物を入れられます。

 外側の材質は100%PUレザー。防水ファスナーも搭載し、雨や塵に強くなっています。カラーはホワイト、ミッドナイトブラック、インクブルーの3色。

 価格は9800円。9月15日発売です。

HUAWEI Wireless Mouse

 以前もBluetooth接続のマウスを発売していましたが、今回は2.4GHz接続とBluetooth 5.1接続の2種類に対応。人間工学設計で、手のひらに馴染むデザインです。

 マット素材で、カラーはスペースグレー、ホワイト、インクブルーの3種類。単3電池駆動で、質量は約92g。

1

 TOGレーザーセンサーと高感度IRセンサーにより、ガラス面など多様な作業面で使うことができるといいます。

 価格は4800円。9月15日発売です。

まとめ

 今日発表された新製品はいずれも公式直販HUAWEI STOREや各ECサイト、家電量販店などで販売されます。