噂:グーグル、Pixelへの投資を倍増。音声アシスタントは削減へ すまほん!!

 ニュースサイトThe Informationは、Googleの内部文書による情報として同社がハードウェアへの投資を倍増させることを計画していると伝えました。

 それによると、GoogleはまずAppleとの契約終了を警戒。現在Googleは数十億ドルをAppleに支払いiPhoneの標準検索エンジンにしているとされていますが、規制当局により契約を終了せざるを得なくなる可能性があるとのこと。

 さらに、Googleの最大のAndroidパートナー企業であるSamsungは多くの市場で衰退している反面、Appleのシェアは増加を続けています。Appleとの契約終了が起きた場合やSamsungの衰退はGoogleの収益に悪影響を与える可能性がある大きな問題だといいます。

 これらの問題に対しGoogleは自らを解決策であると考えており、Pixelハードウェアへの投資を2倍にするとのこと。このために他の製品開発に取り組む開発者やソフトウェアエンジニアをPixelのハードウェア開発に異動。

 最も削減される予定のプロジェクトはGoogleアシスタント。Googleの主要な収益源である検索にも組み込まれている機能ですが、アシスタントが広告を読み上げることはないので収益を上げているかどうかは不明。過去にはアシスタントの返答に広告を表示するなどの実験を行っていたものの、どれも成功していないようです。これにより、他社製デバイスに搭載する際のサポートも削減。

 また、最近はクラウドゲーミングサービス「Stadia」の突然の終了が発表されました。Google TVの一部のプロダクトマネージャーをWear OSとPixel Tabletに移行することについても検討中といいます。

 Googleは自社ハードウェアに注力する予定ですが、一部の既存メーカーとの関係は継続するとのこと。

 Samsung、Xiaomi、OnePlusを「最高のGoogleサービスを開発すべきメーカー」に選出。これはWear OSをSamsung製スマートウォッチに優遇して提供し、FossilなどにはGoogleアシスタントやGoogle Fitness Solutionを提供しなかった状況に似ているようです。

 つまり今後は自社製品や選出したメーカーを優遇し、他のAndroidメーカーへのサポートは削減するかも知れません。

 確かに最近Pixelは日本でも相当力を入れている様子が伺えます。今後の動向に注目したいところです。