7型電子ペーパータブレット「ONYX BOOX Leaf2」正式発表。Android搭載、Kindle Oasisのようにカンタン片手ページめくり! すまほん!!

 電子ペーパータブレットを販売する中国ONYXは、新型「BOOX Leaf2」を正式発表しました。

 「BOOX Leaf2」は、2021年11月に発表されたBOOX Leafの後継機種。解像度1680×1260の7型E-Ink(電子ペーパー) Cartaディスプレイを搭載し、先代と比較してページめくりの速度が35%向上したほか、ディスプレイの色温度も状況に応じて自由に変更できます。

 本体は、先代では非常にシンプルで無垢なデザインであったのに対し、「BOOX Leaf2」においては、表面に2つのページめくりボタンが追加されたのが特徴。まるでKindle Oasisですね。片手操作が捗りそうです。本体色は、ホワイトとブラックの2色を取り揃えます。

 本体色によって画面タイプも異なり、ブラックは、保護ガラスを備えた平面的なFlash Screenであるのに対し、ホワイトは、沈み込んだSunken Screenとなっています。

 OSにはAndroid 11を採用。電子ペーパー搭載端末に詳しいGood e-Readerによると、GMS(Google Mobile Service)を搭載するため、Google Playストアのアプリや書籍などをインストール可能。

 米QualcommのクアッドコアSoCと、2GBの実行メモリ、32GBの内蔵ストレージを搭載します。外部接続端子はUSB Type-Cであり、バッテリー容量は2000mAh。

 「BOOX Leaf2」は、すでにBOOX公式オンラインストアにて販売を開始しており、本体格は199ドル(約2万9000円)から。日本国内正規代理店であるSKTからの国内販売は、現在のところ発表されておらず、国内版が販売されるかは不明です。

OS Android 11
メモリ 2GB
容量 32GB
画面 7型 (1680×1264) Carta
電池 2000mAh
寸法 156 × 137 × 6.0mm, 170/185g
その他 GMS搭載