超巨大22000mAh電池搭載スマホ「Unihertz Tank」発表!66W急速充電にて1.7時間で9割充電達成、他機種を充電も すまほん!!

 2200mAhではなく、22000mAhで合ってます!

 中国Unihertzは、同社最新のタフネススマートフォン「Unihertz Tank」を正式発表しました。

 この「Unihertz Tank」最大の特徴はバッテリー。なんと、容量22000mAhの超巨大バッテリーを本体に搭載しています。同社の公表値では、連続待機は最大2380時間、連続通話は最大150時間利用可能であるとのこと。

 もちろん、容量が大きい分充電時間も長くかかります。しかし、「Unihertz Tank」では、66Wの急速充電に対応するため、約1.7時間の充電で90%まで充電可能

 巨大なバッテリーを生かし、USB Type-Cケーブルを利用して他の機器へ電源供給を行うこともでき、緊急時にも安心です。

 本体の堅牢性も高く、アメリカ国防総省による軍用規格MIL-STD 810、および防水・防塵規格のIP68に準拠。水深1.5メートルに端末が30分置かれた状態でも、問題なく動作する防水性能を誇ります。

 カメラは、1億800万画素のメインカメラと、800万画素のマクロカメラ、200万画素のIR(赤外線)センサーの3眼構成。赤外線カメラが搭載されているため、夜間の暗闇においても、ナイトショット機能を利用した撮影が行えるとしています。

 また、本体背面には巨大なLEDを搭載しており、撮影時はもちろん、光量を生かして通常の懐中電灯のように利用することも。

 処理性能に関しては、SoCに台湾MediaTekのMT6789を採用、実行メモリは8GB、内蔵ストレージは256GB。本体側面には指紋認証センサーを搭載するほか、顔認証によるロック解除にも対応します。

 「Unihertz Tank」は、すでに公式ショップにて予約受付が開始されており、20日前後で発送されるとのこと。本体価格は、339.99ドル(約4万7000円)。UnihertzJapan公式アカウントも関連内容をツイートしているものの、現在のところ米国と欧州向けに販売されており、日本国内向けの販売は行われていません。

OS Android 12
SoC MediaTek MT6789
メモリ 8GB
容量 256GB
画面 6.81型 FHD
カメラ メイン:1億800万画素
マクロ:800万画素
IR:200万画素
インカメラ 3200万画素
電池 22000mAh
寸法 不明
その他 急速充電最大66W