噂:Pixel 8シリーズ、新型撮像素子で「長/短時間同時露光」HDR対応へ すまほん!!

 Google Pixel 6シリーズは、これまでで最大といっても過言ではない刷新を実現し、Pixel 7では細部の完成度を高めましたが、次期Pixel 8シリーズは、カメラ性能がソフト・ハード両面ともに向上するようです。Phone Arenaが伝えました。

 公開されているソースコードなどからGoogle未発表製品の情報をサルベージしているKuba Wojciechowski氏は、Google Camera Go内のコードから、来年のデバイスに向けた機能を発見したとのこと。

 それによると、Pixel 8シリーズは新たにスタッガードHDRに対応するようです。同機能は長さの異なる3種類の露出の画像を同時に撮影し、それらを結合して明るい写真を生成するといったもの。

 GoogleはPixel 5/4a 5G以降、シャッターを押す前に取得しておいた露出の短い画像と、シャッターを押した後に撮影する長い露出の画像を合成する、独自の「HDR+」とする技術を用いていましたが、これを刷新することになりそうです。

 ただ、Pixel 6および7シリーズはメインセンサーにISOCELL GN1を搭載していますが、このセンサーはスタッガードHDRに非対応。一方で後継のISOCELL GN2はサポートしており、同センサー含めたカメラセンサーの刷新も期待できます。