BlackberryでTwitterするならUberSocialがおすすめ!

 docomoから2〜3月に発売されるとアナウンスされているRIM Blackberry Bold9900を輸入し、日本語化して使用している。しかし問題は山積だ。

 たとえば、もしb-mobileなどのbis契約のないSIMカードで利用する場合、Blackberry.netというAPNに接続できないため、このAPNを前提に作られている純正アプリの多くが利用できない。docomoから正式に販売される機種を普通に使うのであれば全く無縁の問題ではあるものの、純正アプリが使えないということは、メールはおろかTwitterも使えないということになる。Twitter目的で購入した自分には致命的だ。

 ここで、純正のTwitterアプリよりも使いやすいと好評のTwitterアプリ、「UberSocial」をインストールすることにした。もちろん、docomo版のBBBを利用するユーザーにもおすすめだ。BBBの公式マーケットからもダウンロード可能だ。

 UberSocialは、元々UberTwitterという名前でAndroidでも公開されていたが、名称や仕様に問題があるとしてTwitter本社がマーケットから削除されていたことのあるいわくつきのアプリではある。しかし使い勝手は上々だ。

 Blackberryといえば前面QWERTYによる軽快な文字入力が特徴だが、それだけではない。TL上で「C」を押せば会話が表示でき、「S」を押せば検索画面、「G」ならユーザーのツイートをまとめて見るという具合に、キーボードショートカットが、このUberSocialでも例に漏れずに可能だ。iOSの魅力は「万人に最初から使いやすい」という点だが、BBは「慣れれば最高に使いやすい」という点ではないだろうか。

 上部のタブの並び替えなどもカスタマイズ可能だ。BBB9900のトラックパッドとの相性もよく、非常に魅力的なアプリとなっている。黒苺を買ったらぜひ試して頂きたいアプリケーションだ。