ドコモ幹部「来年以降のiPhone導入、やむを得ない」 契約者数純減に危機感あらわ

NTTドコモは5年3ヶ月ぶりに契約者数が純減しました。

日経によれば、純減を受けてドコモ社内では米Apple社のiPhoneを受け入れる論調が高まりつつあるということです。

NTTドコモの幹部も「来年以降のiPhone導入を考えざるを得ない」と腹を決めている様子。これまでAppleの垂直統合型のエコシステムと、キャリア主導のコンテンツビジネスは相容れないと考えられてきたものの、他社に猛追されているこの情勢下ではそうも言っていられないようです。

最近ではiPhone5にXi SIMを挿せばLTEが利用できるようになっただけでなく、iPhone5が非対応であったはずのドコモのプラスエリアでも技適の認証を通過するなど、水面下で何かが動いていることは間違いないようです。

「ドコモ版iPhone 5S」が販売されるようになる日は近いのかもしれません。

情報元:日本経済新聞