NVIDIA Tegra4正式発表 世界最速のモバイル向けプロセッサを謳う

 

 NVIDIA(エヌビディア)が手がけるスマートフォン・タブレット向けSoC、Tegraシリーズの新モデルが発表されました。

 主な仕様は

  • ARM-Cortex A15を採用したクアッドコアCPUとコンパニオンCPUを1つ搭載した「4+1」の構成
  • GeForceのGPUコアを72個搭載
  • 28nmのプロセスルールを採用
  • LTEモデムチップ(i500)をオプションで搭載可能
  • HDR撮影を容易にするNVIDIA Computational Photography Architecture を搭載。
  • 4K動画に対応

Tegra3とTegra4の違いを表にすると、以下のようになります。

名称 Tegra3 Tegra4
CPUアーキテクチャ Cortex-A9 Cortex-A15
GPUコア数 12 72
プロセスルール 40nm 28nm
LTEモデムチップ なし あり(選択可能)

  CPUのアーキテクチャがCortex-A9からCortex-A15に変更され、処理速度が高速化、またプロセスルールが「遅れている」といわれていた40nmプロセスから28nmプロセスに移行したのは、消費電力や発熱の面から注目できるポイントです。

情報元:NVIDIA Tegra 4発表、4コア Cortex-A15と72 GPUコアの「世界最速」モバイルプロセッサ – Engadget Japanese 

CES2013関連記事

この記事にコメントする

comments powered by Disqus