遊びは終わりだ!見よ!これが真なるiOS6のマップだ!

これが真なるiOS6のマップだ!

3月12日にマップデータが更新

 iOS6.1.3で大幅に改善という噂でしたが、Appleがマップデータを更新したためiOS6.1.2でも更新されたマップを利用することができます。ちなみに大幅に改善されると言われていたiOS6.1.3(β版)では交差点や高速道路の詳細などと言ったさらなる改善が行われているので更なる改善が期待できます。

iOS6リリース時との比較

 

(左がiOS6リリース時のマップ、右が最新のマップ)

 リリース時のマップは駅や建物の名前が全く記載されていませんが最新のマップには皇居や国会議事堂、東京駅などといった場所がしっかりと記載されておりかなり改善が図られたことがわかります。しかし道路に関しては前のほうが詳しく書かれていますね。ごちゃごちゃになって見づらくならないように配慮されてるのではないでしょうか。拡大すればしっかりと表示されています。

 

 大王製紙空港……失礼、東京国際空港の周辺もしっかり修正されておりこれなら迷うことありませんね!

ただのビルも東京タワーに

 3Dのデータも修正されています。衛星写真での3D表示はまだ不可能みたいですけどね……早く日本も衛星写真の3D表示にも対応してほしいものです。

Googleマップとの比較

 

(左がGoogleマップ、右がApple純正マップ)

 こう比較するとAppleのマップはまだまだ、ということがわかります。Googleマップでは渋滞情報が表示されますが、Appleのマップでは渋滞情報は表示されません。またGoogleマップでは表示されている高速道路のジャンクションがAppleマップでは表示されていません(iOS6.1.3で対応予定)。ですが半年でここまでの進化、Appleが地図の修正に必死に取り掛かっているということがよくわかります。いつかは「別に標準マップでも問題ない」となるのでしょうね。そんな日が来ることが楽しみです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus