スマホでテザリングは超便利! テザリングを簡単に呼び出せるAndroidアプリ、その名も「テザリングON/OFF」

 Androidの標準機能といえばテザリングです。これはAndroid 2.2から採用されている機能なのですが、簡単にAndroid端末をWi-Fiルーターにできるので、非常に利便性が高いです。

 自分はノートPCとデジタルカメラをテザリング通信にぶらさげています。モバイルネットワークを内蔵していない機械で、どこでも通信ができるのはやはり便利です。

 もちろんWi-Fi-ルーターはWi-Fiルーターで便利ですけどね。荷物を少しでも減らしたいと考えると、スマートフォンを、テザリングでWi-Fiルーター化してしまうのはひとつの手です。

 最近では、携帯3社のLTEスマートフォンはテザリング対応となっています。auとSBはテザリングオプションは525円/月で、両社ともに2013年5月31日までの申し込みで最大2年間無料ですね。docomo LTE Xiなら特にオプション加入は不要です。通信量に対して課金するこの時代に、テザリングという行為に対して別途課金するというのは時代錯誤も甚だしいので、docomoが無料でテザリングを提供しているのは意義のあることだと思います。(専用APNや上りの通信速度が遅いので、個人的にはやや微妙ですが)

 さて、機種にもよりけりですが、そもそもどこからテザリングをオン/オフすればいいのかわからないという機種もあります。XPERIA Z SO-02Eなどは通知バーにテザリングのトグルスイッチがあるのですけどね。

 設定→無線とネットワーク→(その他の設定)→テザリング

 ここからテザリングのON/OFF、およびテザリングの設定が行えます。テザリングの設定からSSIDパスワードさえ設定しておけば、あとはオン/オフするだけで使えます。ノートPCやタブレットなら、Wi-Fiをオンにし、Wi-Fiネットワークの一覧からSSIDを見つけ、パスワードを入力すれば、ネットワークに繋がるようになります。

 しかしながら、テザリングをする程度のことでわざわざこの画面を開きに行くのも少々面倒です。そんな人におすすめなのが、「テザリングON/OFF」という、ド直球ストレートなネーミングのアプリです。

 ただテザリングをON/OFFにするだけ。本当にただそれだけのアプリ。だからこそシンプルで便利なんです。

 ウィジェットではなくアプリで呼び出せる、というのもひとつのポイントですね。ウィジェットの使えないアプリケーションドロワーやランチャーからも呼び出せますからね。非常に捗ります。

 あくまで既存の機能を呼び出すアプリですので、もちろんテザリングが塞がれている機種や、テザリングに対応する以前の機種では、このアプリは有効でないので注意が必要です。なのでテザリング対応のLTEスマートフォン向けですね。

 テザリングをこれから使ってみたい、もっとスマートに活用したい人は、ぜひインストールしてみて下さい。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus