iPhone用「ゴリラガラス」フィルム 「クリスタルアーマー」を試す。

 iPhone5用の保護フィルム「CRYSTAL ARMOR」を貼ってみました。Corning社の化学強化ガラス「Gorilla Glass」を採用したフィルムとなっています。

 内容物はこんな感じ。ホームボタンシール、クリーニンググロスも付いています。ホームボタンシールは微妙。画面からゴミを除去する道具やアルコール綿が付属している点ではシュタインハイル GLASシリーズに軍配。

 ガラス系フィルム全般に言えることですが、貼りづらいです。端っこにゴミが入ったら、ちょっとだけ剥がして浮かせてゴミを取る、ということができません。ガラスですから。さらに接着性の強い粘着面ゆえに貼り直しが効かないものが多いです。

 しかし「CRYSTAL ARMOR」は貼り直しが効きます。見やすい場所に、日本語でわかりやすい説明付き。気泡の入らない方法も記されています。他社の同種の製品の中ではとても貼りやすいと感じました。

 スピーカー部分は切り抜かれ、インカメラと近接センサーはガラスで覆われています。今のところ誤作動はありません。

 厚さは0.4ミリ。粘着面もありますから、実際の厚みは0.6mm程度。エッジの処理はちょっと甘いですね。角が立ってます。シュタインハイルのGLAS.tRだと、ちゃんとエッジも丸みを帯びているのですけどね。

 特にホームボタンの部分も、でこぼこになっている上に、角が立っているので、付属のホームボタンシールは必ず貼った方がいいと思います。自分はSPIGEN SGP アルミニウムホームボタンを貼っているので特に気になりません。あとバンパーALLOY X」を付けているので、なおさら気になりません。ちょうどフラットになっていていい感じです。

 本当にガラスの質感そのものなのがいいですね。傷や汚れも付きにくいです。指紋がついてもさっと拭けばすぐ綺麗になります。以前の0.55mmよりも薄いタイプとなっていますから、なおさら表示されている画面の光が阻害されずにピュアに届きます。特に「CRYSTAL ARMOR」は綺麗に、ディスプレイそのものを堪能できます。

 タッチ感度はほとんど低下なし。エッジの処理は甘いものの、バンパーやホームボタンシールとの相性は非常によし。なかなかいい製品でした。

 「CRYSTAL ARMOR」は薄さで選べるラインナップとなっています。0.55mm0.4mm、そして新登場の薄さ0.25mmの3タイプ。薄ければ薄いほどタッチ感度に影響が出ませんから、いいものを選んでおきたいところです。

クリスタルアーマー 超薄膜強化ガラス 液晶保護フィルム for iPhone 5 【API-CAT001】
クリスタルアーマー 超薄膜強化ガラス 液晶保護フィルム for iPhone 5 【API-CAT001】

 

【関連記事】

この記事にコメントする

comments powered by Disqus