急がなくちゃ!今さら聞けない「医療費控除」をスマホで知る

これって医療費控除_アイコン

 ついに来ました、確定申告の期限日!! 「えっ。もう過ぎちゃった?」どうしよう……。

 自営業じゃないから関係ないと思っていても、医療費控除は誰にとっても身近な確定申告です。ぜひチャレンジしたいものですね。

 ところでそもそも、医療費控除ってやったことないんだけど、なんなの?どんなお金が対象なの?3月15日に間に合わなかったらどうなるの?そんな今さら聞けない「そもそもな疑問」にさいなまれた時こそスマホで検索です。

IMG_4089

「そもそも医療費控除ってなんなの?」
という疑問にシンプルに応える
ステキなアプリ名ですね。

 するとそのものズバリなアプリがありました。
これって医療費控除?2014」です。
2014というだけあって、毎年、最新情報にアップデートしてくださっているようですね。さらにありがたいことに、無料です。

 メニューは大きく分けて――

  • 医療機関や薬局をあらかじめ登録しておいて
    入力を楽々にする「設定」
  • どんなお金が医療費控除の対象になるかの
    FAQ集「知識」
  • 医療費関連のレシートをさくさく登録できる
    「家計簿」
  • 登録内容が時系列で確認できる「カレンダー」
  • 実際に戻ってくるお金を計算してみる
    「還付金計算ツール」

    という構成。

 これに2014年バージョンでは、あらかじめ家族の名前や、かかりつけの医療機関の名前を登録しておけるようになったことで、より家計簿っぽく進化、「カレンダー」から医療費を記録できることで家族の記録にもできるようになりました。パソコンに出力もできるのも、何かとお役立ち。

「これって医療費控除の対象?」な、FAQ集。
読むだけでも価値あり。

ざっくりいくら戻ってくるかわかります。
これからはしっかりレシートをとっておこう。

 ちなみに!3月15日を過ぎてしまったら?!

 国税庁のホームページによりますと、期限内に確定申告を忘れた場合でも、自分で気が付いたらできるだけ早く申告すればいいそうですよ。
 さらに、アプリで計算してみたら思ったより還付金が少ない方も、医療費控除は5年までさかのぼって申告できるそうです!スマホで手軽に医療費の記録、今日からはじめてみましょう

アプリのダウンロードはこちらから!

 badge-googleplay-google-play  badge-AppStore-apple-app-store

 

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus