ドコモ、AQUOS ZETA SH-01Gを11月14日発売。

sh-01g

 NTT docomoは、SHARP製スマートフォンAQUOS ZETA SH-01Gの発売日を、11月14日とアナウンスしました。

 AQUOS ZETA SH-01Gは、大型の5.5インチIGZO液晶を搭載するファブレットですが、幅を76mmに抑えた狭額縁仕様「EDGEST」を採用。IGZOと3300mAhバッテリーにより、長時間駆動が期待できます。SHARP製の冷蔵庫などに搭載された、学習する人工知能「ココロエンジン」を搭載しており、シーンに応じて会話をしてくれます。

 性能は以下の通り。

OS Android 4.4 KitKat
CPU Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AB 2.3GHz クアッドコア
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチ Full HD IGZO液晶
カメラ 1310万画素裏面照射型CMOS
インカメラ 210万画素
バッテリー 3300mAh
寸法 141×76×8.9mm
その他 防水 FeliCa/NFC、ワンセグ/フルセグ, nanoUIM

 ハンズオン動画は以下の通り。

 AQUOSにありがちな、誤作動の頻発する不可解なセンサー式音量キーは、採用されておらず、しっかりと側面部に物理式の音量キーが配置されているのは評価できる一方、インカメラが液晶下部の不可解な位置に配置されており、セルフィーやビデオ通話などを利用する人は避けた方が無難です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus