iPhone 6の薄さをそのままに。シュピゲン「シン・フィット A」レビュー。

th_DSC00626

 SPIGEN さんから iPhone 6 用の「シン・フィット A」の評価機材をいただいたのでレビューしていきます。カラーバリエーションは「サテン・シルバー」「シャンパン・ゴールド」「ガンメタル」「メタル・スレート」の4色。お使いのiPhone 6にあったものが選べます。

「シン・フィット」とは何が違う?

 この製品と似たSpigen製品の「シン・フィット」もありますが、そちらとは違い「シン・フィット A」はちょうどAppleロゴが見える位置に丸型に繰り抜かれた穴が開いています。

「シン・フィット A」と「シン・フィット」

「シン・フィット A」と「シン・フィット」

 「シン・フィット A」は、完全に丸型に繰り抜かれた穴が空いている「スリム・アーマー」や「タフ・アーマー」とは違い、穴の部分はプロテクトフィルムで守られているので本体のこの部分が落下の際に傷つくことはなく、ホコリもたまりません。

 Appleロゴが見えるか見えないかの差ですが、好みが分かれる部分だと思うので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 iPhone 6は従来のものからサイズアップしたため他のAndroid端末に埋もれることもあります。個人的にはAppleロゴで「これはiPhoneだ」と主張してるぐらいがちょうどいいですし、一目で判別できるのでこちらを愛用しています。

 カバンの中の他のAndroid端末と触っただけでは判別できないときもケースの穴の部分ですぐに判別できるため、複数端末を所持している身としては便利です。

装着感を感じない薄さ

 スペース・グレイのiPhone 6を利用しているので、本体と色が合うサテン・シルバーを利用しています。iPhone 6特有の出っ張りカメラもバッチリ保護できています。iPhone 6 でケースを付けるいちばんのメリットはここにあるかもしれません。

SONY DSC

 使用感をレビューするためにしばらく使っていたのですが、実は飲食店で床に落下させてしまいました。背面から落下したためケースには傷がつきましたが、本体やカメラのレンズ部分には傷が付きませんでした。

 また、このケースの何よりの魅力は「厚みがない」ということです。

 製品名に “Thin” という単語を使っているだけあり、ケースに厚みを感じません。その感覚は「スリム・アーマー」や「タフ・アーマー」に慣れていると逆に不安になるほどです。本体にジャストフィットするため、つけていることすら忘れて使えます

 ではどれぐらい厚みがないのか。Apple StoreにてケースなしのiPhone 6とシン・フィットAを着けたiPhone6を並べて比較しました。

iPhone6-hikaku

 ケースである以上、見た目には若干の厚みが出てしまうのは当たり前ですがそれも些細なもの。実際に手にとってみると使用感はケースなしのiPhone 6のそれと同じ感覚です。今までケースを着けずに使っていたという方も違和感なく使えますよ。

外し方にコツあり? 傷をつけないための外し方

 利用している上でひとつ困ったことがありました。あまりにも本体にジャストフィットするため、取り外しがやや難しいことです。強引に外すと本体に傷をつけてしまう恐れがあります。

 取り外すコツがあるのかと思い、Spigenさんにお聞きしたところ、本体右側面(電源側)下部の角を少し外してから(下記画像1)、次に本体上部の角を少し外す(下記画像2)と上手く外せるとのこと。

th_DSC00656

  実際に外そうとするとケースが割れないか不安になるかもしれませんが、よほど強い力を加えない限りは割れません。本体とケースに傷をつけないよう、大胆かつ慎重に取り外しましょう。

ケータイだけでなくケースにも薄さを求める人にはイチオシ

 iPhone 6は従来のiPhoneと比べてサイズアップしたので、今まで以上にケース選びは重要になってきます。「手が小さいので分厚いケースはちょっと……」という方や「iPhone 6の薄さを損なわないケースが欲しい」という方にはジャストフィットするケースです。

 是非、実際にさわって、ケースを着用していることを感じさせない使用感を味わってください。

iPhone 6 ケース Spigen Apple iphone 4.7 (2014) シン・フィットA (国内正規品) (サテン・シルバー 【SGP10942】)

【iPhone 6 ケース】シン・フィット A[サテン・シルバー]

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus