OSに「Windows 10」を搭載した3DホログラフィックARメガネ「Microsoft HoloLens」を発表。

 Microsoftは、3Dホログラフィーを視界に映し出すウェアラブル端末「Microsoft HoloLens」を正式発表しました。

SONY DSC

 動作するアプリケーションはWindows 10 Universalアプリ群。PC等との連携は不要で動作します。

 ハードウェアとしては透明なレンズ、空間音響、各種センサーを備えます。

 視界に投影された操作画面。

SONY DSC

 発表ではアプリケーションHolo Studioを起動。

SONY DSC

 4つのオートジャイロの3Dモデリングを表示させ、それと同一のデータから3Dプリンターで作成されたものがお披露目されるというデモンストレーションが行われました。

SONY DSC

 火星の有人惑星探査。もはやSF。

SONY DSC

 人気ゲーム「Minecraft」の世界を実際に歩くこともできるようになるそうです。Minecraftの開発元をMicrosoftが買収したのはこの布石だったんですね。

 空間をしっかり認識して情報をメガネに3D表示させる様子は未来そのもの。これをリアルタイム処理するとなると容易なことではありませんが、説明によればPCとの連携なしにスタンドアロンでこれを行っているようなので、凄いですね。今後の動きに注目したいデバイスです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus