中国Geoniee、薄型でも大容量バッテリーのスマホ「Elife S7」を正式発表。

Gionee-Elife-S7 (1)

 中国メーカーGeonieeは、スペイン・バルセロナで開催中のMWC2015にて、スマートフォン「Elife S7」を正式発表しました。 

 筐体の厚みはわずかに5.5mmとなっており、正確には世界最薄ではないものの、スマートフォンとしてはかなり薄くなっています。

18628-0ba5b078_680_400

 ちなみにこれよりも薄いスマートフォンとしては、5.15mmのElife S5.1、4.85mmのOppo R5、4.75mmのVivo X5 Maxや4.7mmのCoolpad IVVI K1 miniが挙げられます。

 Elife S7は5.2インチFull HD有機EL、MediaTek 6752 64bitオクタコアプロセッサ、実行用2GBメモリ、内蔵16GBストレージ、背面1300万画素/前面800万画素カメラを備えます。

 薄さを追求するにあたって最も犠牲になりがちな電池容量は、なんと2750mAhも確保。これはGalaxy S6 edgeよりも大きい容量です。さらにメーカーいわく、ディスプレイの電池消費は従来よりも3割削減されているなど、省電力化の工夫によって2日間の電池駆動を実現しているそうです。

Gionee-Elife-S7 (3)

 Elife S7は、マカオでは3月18日に、インド市場では4月3日に、そしてそれ以降グローバル市場で発売予定。値段は400ユーロ程度。カラーバリエーションはLos Angeles Black / Maldives Blue / North Pole Whiteの3色。Dual SIMモデルも登場予定となっています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus