64bitコアKryo採用Snapdragon 820は今年後半サンプル出荷

next_gen_optimus_g_with_snapdragon_800

 MWC2015において、チップメーカーQualcommは、次世代SoC Snapdragon 820を開発中であることを発表しました。

 Snapdragon 820は、CPUコアにARMではなくQualcomm独自開発の64bit対応「Kryo(クライオ)」を採用、FinFETプロセスで製造されるとのこと。

 Snapdragon 810は、パフォーマンス重視のコア・省電力重視のコアを組み合わせるARMのbig.LITTLE構成でしたが、これが見直される見通し。

 メーカーへのサンプル出荷は2015年後半開始を予定しており、2016年にはSnapdragon 820対応製品が登場することが予想されます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus