エイスース、日本市場に「ZenPad 8.0 / S8.0 / 10」投入。発表イベント最速レポート

 ASUS JAPANは8月6日、東京渋谷区のJinnanカフェにて日本未発表製品のプレゼンテーションイベントを開催しました。そのイベント内容をレポートします。

jinnan

(会場となったJinnanカフェ(ASUSというとマザーボードなどのイメージがあり、アキバではなくおしゃれな渋谷?と一瞬笑ってしまったのは正直なところ))

  本イベントは、日本未発表製品を一般ブロガーなど85名を招いて、レビューを書くことを条件に試用製品をプレゼントするというもの。特に前半は「⚪︎⚪︎⚪︎Pad」で50名の参加者に試用機を配布しますが、このパラグラフを執筆時、製品名すら明らかになっていません。

 プレス発表前の製品を試用できるというのは非常に珍しく、他の大メーカーのように宣伝予算をかけずにSNSで流行させるというゲリラ的なマーケティング手法をASUSはとってきたのかもしれません。(一部メディアも来ていたようですが。ほんの少し。) 残りの35名は同日後半に行われる日本未発表のZenFoneのイベントです。こちらもリポートを許可いただきましたので、別途レポートしたいと思います。

 イベント前半、いきなり本日の発表内容が出されました。

zenpad

 本日一挙に3シリーズ。Zenpad 8.0、ZenPad S8.0、ZenPad 10。

 ZenPad S8.0は、ペン対応、2Kディスプレイ対応で、メモリ2GB、16GBのロースペックモデルが33,800円(税抜)、世界初のメモリ4GB、32GBのハイエンドモデルが39,800円(税抜)ともにWi-Fi対応です。色はホワイトとシルバー、発売は8月下旬以降。

 ZenPad 8.0は、29,800円(税抜)でSIMフリーでLTE通話対応モデルを展開。カラーはシルバー、ホワイト、ブラックの三色展開。

zentaroboke

(8インチで電話をできることをアピールするZen太郎(海外名はゼニー)

 ZenPad 10.1は、WUXGAディスプレイ搭載、SIMフリーで33,800円。ペンは使えますが、通話はできません。こちらもホワイト、ブラック、シルバーのカラーバリエーション。

 プレスイベントは1時間ギリギリで、混乱しながらも終了。フレンドリーで良かったかもしれません。

 この後、実物が入手でき次第、続報とします。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus