折りたたんでコンパクトに持ち運べる、EC Technology Bluetoothキーボードをレビュー

ec_technology_bluetooth_keyboard_003

 スマホやタブレット、それからゲーム機で長文を入力する際に便利なのが、Bluetoothキーボードです。しかし、利用する頻度が少なく普段がコンパクトに収納したいもので、候補に挙がるのが折りたたみ式のキーボードです。

 今回、EC Technology 様より評価用の機材を頂戴したので、レビューを掲載していきます。

両端谷折り型の折りたたみキーボード

ec_technology_bluetooth_keyboard_002

 折りたたみ式のキーボードは、両サイドを谷折りで折りたたむ仕様となっており、折りたたんだ姿はコンパクトです。重量も軽く、カタログスペックの185グラムで相違ないでしょう。

 実際にキーボードを展開している様子はこのような感じ。

 折りたたみ箇所を支えるヒンジの強度には少し不安を感じます。もちろん、堅牢製に問題があるようには見えませんが、普段持ち歩くことを考えると、鞄の中で何かに引っかかったりして、負担がかかることも考えられるので、収納スペースには気をつけた方が良いです。また、専用のケースが別途販売されているので、そちらを購入するのも手でしょう。

ec_technology_bluetooth_keyboard_004

 折りたたむ方向とは逆に方向に負荷をかけてみましたが、アルミニウム素材のヒンジが逆方向の負荷をがっちりとガートするようになっているので、正常な使い方をする分には強度の心配をする必要はないでしょう。

 余談ですが、家電量販店で折りたたみ式のキーボードを見てみると、ホットモックが逆パカされた状態で展示されていることが多く、いつも「なんだかなあ」という気持ちになります。

基本はASCII配列だが、一部の配列は特殊

ec_technology_bluetooth_keyboard_001

 キーボードの配列はASCII配列(英字配列)で、日本で通常使われているキーボードはJIS配列(日本語配列)なので「@」や「”」「&」といった記号の位置が違います。アルファベットや記号はキートップに印字されていますし、慣れてしまえば特に不満を感じることはないでしょう。個人的にはASCII配列のキーボードを愛好しているため、プラス評価です。

 もう少しキーボードを見ていくと、iPhoneやAndroid端末で使うことを考えて、バックキーや、ホームキーといった特殊なキーもアサインされているので、タッチ操作が必要にならない限り、キーボードだけで操作が完結できそうです。専用ケースは、スタンドの役割もあるみたいなので、それを使うか、社外製のスマートフォン・タブレットスタンドを使うと良いでしょう。

 不満な点はバックスペースキーが4段目じゃなくて5段目に配置されていることでしょうか。キーストロークはコンパクトなこともあってか若干浅め。底打ち派の私からすると、ペチペチ感は否めませんが、どちらかというと、トチトチと入力している感じです。

 全体的な感想としては、普段利用しているメカニカルキーボードやMac Book Airのキーボードと比べると、当たり前ではありますが、満足のいくものではありませんが、時折使うような、PS4のキーボードや、外出先にスマホで長文のメールを書く必要があるときに便利に使えそうです。 

EC Technology Bluetooth3.0 折りたたみ式ワイヤレスキーボード 超薄 内蔵電池 Windows/iOS/Android切替EC Technology Bluetooth3.0 折りたたみ式ワイヤレスキーボード 超薄 内蔵電池 Windows/iOS/Android切替

この記事にコメントする

comments powered by Disqus