MacBookも充電できる、Ankerの20000mh越えモバイルバッテリーレビュー

 モバイルバッテリーマニアからは絶大な支持を受ける、モバイルバッテリー界の2大勢力AnkerとCheero。

 既報の通りそのAnkerが世界最軽量最小クラスの20000mh越えバッテリーを発売しまして即座にポチりました。本日到着しましたので速攻レビューしたいと思います。

スクリーンショット 2015-09-02 5.07.25

 Anker PowerCore20100はAnkerの最新のバッテリー。

 特徴としては総合4.8Aの出力。従来のものは一つはスマホ用、一つはタブレット用で出力が違いましたが本機では台のタブレットをフルパワーで充電できます。

FullSizeRender

 大きさは二世代前の10000mhサイズと変わりません。つまり、軽いです。時代は恐ろしいものです。。。

 さて、私が本品を購入したのは訳があります。テストしたいことがありまして。

FullSizeRender 2

おもむろにCheeroのUSB-C対応ケーブルを購入し。

じゃん!
IMG_3975
できたできたよ。新型MacBookへの充電、給電!

 もちろんUSB PD(Power Delivery)、MacBookの公式の電圧には対応していませんので3A以上は給電されませんが、特に私は取材などにおいて電源がないときなどには心強い味方です。というよりライターの私には必須でした!

 日常持ち歩く場合のモバイルバッテリーとしては、これほどの大型は必要ないかもしれませんが、長時間の旅行など、十分持ち歩けるサイズの最大バッテリーとしては、良い製品です。

 最後、ちなみに私はバッテリー廃人です。家にある、昔のAnkerをごらんください。

FullSizeRender 4

この2つが一つになるだけで。私には革命的です。

 この容量を万人におすすめできるかというと微妙ですが、MacBookへの給電、災害時の備えなど、4000円以下でこの容量は魅力的であると思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus