アローズ分離。富士通、ついに携帯電話とパソコンを分社化。

arrows-logo

 富士通は、携帯電話事業とPC事業をそれぞれ分社化すると発表しました。両社とも100%子会社となります。

 これまで富士通は携帯電話事業でarrowsブランドのスマホ・ケータイ・タブレット等を、PC事業でFMVブランドのPC・タブレット等を展開してきましたが、これらは今後、別会社での販売となります。

29a

 発表によれば、ユビキタスビジネス市場のコモディティ化とグローバルベンダーによる台頭を受け、迅速な経営判断と効率的な開発体制の構築を図るために、会社を分離するそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus