今年、グーグルプレイが中国市場で利用可能に?

china-gov

 The Next Webが伝えるところによると、Lenovoのモバイルビジネス部門社長を務める陳旭東氏が、今年中にGoogle Playが中国市場に戻ると、中国メディアに発言しました。

 Google Playが中国に戻るために現在準備中とのことですが、今年中ということ以外、そのタイムスケジュールについての詳細は明かされていません。

 最近、LenovoはGoogleと共同で初の商用Project Tangoスマホを開発しており、Googleと良好な関係を築いている中国企業の代表格です。そのモバイル部門のトップの発言ということで、ある程度の信憑性があるものと考えられます。

 中国では、中国共産党にとって都合の悪い情報が自国民の目に触れないようインターネット上で検閲が実施されており、各企業にも協力が求められます。それはGoogleも例外ではなく、2010年にはネット検閲を拒否して中国本土から撤退していました。なお、特別行政区である香港・マカオでは引き続きGoogleに自由にアクセスできます。

china-xiaomi-mi4i-google-play

 このため、中国本土で販売されるAndroid端末にはGoogle Playストアを始めとするGoogle謹製アプリがが入っていません。たとえば、中国メーカーXiaomiのスマートフォンは中国市場で販売されているので、Google Playストアは入っていません。一方で、香港でも販売されている国際版モデル「Mi 4i」には、Google謹製アプリが全て入っています。

 今後は中国大陸でもGoogle Playが利用できるとなれば、多くの人口を擁する中国市場を相手にビジネス出来るようになるGoogleやコンテンツ供給者・アプリ開発者にとっては大きなメリットであるのはもちろん、中国メーカーの負担も軽減され、さらに危険な野良アプリをインストールしなければならない中国ユーザーにとってもセキュリティ上のリスクが軽減されるなるなど、多くの人にとって良い動きが想定されます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus