マイクロソフト自らSIMカード「Microsoft SIM」を出す? すまほん!!

microsoft_logo

 The Vergeは、Windowsストア上にて、Microsoftアカウントでモバイルネットワークに接続できる、Microsoft製のアプリ「Cellular Data」を発見したことを伝えました。

 このアプリは米英仏にて動作が想定されており、Windows 10デバイスのLTEデータ接続を行うためのアプリのようです。

ms-Cellular-data

 アプリ説明文では、このアプリが動作するデバイスは限定されていると述べられ、動作には「Microsoft SIMが必要である」と付け加えられています。

 Microsoftは提携するMVNOのネットワークに繋がるようにしているものと考えられます。engadgetは、フランスのMVNOであるTranstelがMicrosoftと提携すると伝えています。ユーザーは、通信会社と個別契約することなく、複数の通信会社への支払いをMicrosoftアカウントに紐付けられたクレジットカードで行え、シームレスにネットワークに繋げるというわけです。

 Apple SIMやGoogle Project Fiのように、OSを開発するIT企業自ら、複数事業者のネットワークを利用可能とするトレンドに乗る形と言えそうです。

 どのデバイスで利用できるのか、Microsoft SIMがどこで購入できるのかについてはまだ不明です。現在、Microsoftのタブレット端末であるSurface ProシリーズにはSIMスロットが搭載されていませんが、これを機にSIMスロットを搭載するようになれば嬉しいですね。

こんな記事も読まれています

噂:Appel M1を超える?PC向けのArmチップセットをQualcommが開発中

Apple、iPhoneやMacを自分で修理できる「Self Service Repair」発表。

編集部が最近話題になった記事を振り返る「M1 MacBook」「Windows PowerToys」

縦折り式の「3番機」頓挫。TCLが「Galaxy Flip対抗機」を凍結へ

Appleの発表会、11月11日に開催決定。Apple Silicon関連か