インドで約400円で購入可能なスマホ「Freedom 251」が登場

freedom_251  インドで、251ルピー(日本円で約417円)で購入可能なスマートフォンがインドで登場しました。OSはAndroid 5.1(Lollipop)を搭載しているAndroidスマートフォンです。詳細な仕様は明らかになっていませんが、公式サイトにはGoogle Playのロゴも記されており、Google Play マーケットからのアプリインストールにも対応している模様です。

 主な仕様は以下の通りです。

 OS Android 5.1(Lollipo) 
ディスプレイ 4インチ(qHD IPSディスプレイ)
SoC  不明(1.3GHz クアッドコアCPU搭載) 
RAM  1GB 
内蔵フラッシュメモリ  8GB(microSD対応) 
カメラ  背面:3.3メガピクセル(AF対応)
前面:0.3メガピクセル 
バッテリー  1450mAh

 価格が価格なだけに強烈なインパクトを受けますが、スペックも一昔前のスマートフォンと同じです。筐体の背面にはインドの国旗にもある、糸車の模様が見られます。

 安価な電子機器といえば、少し前の100ドルパソコン(OLPC)のムーブメントを思い出します。100ドルパソコンは結果として、ネットブックのような新しい市場を切り開き新たなムーヴメントを起こしました。Freedom 251がそうだと言うわけではありませんが、他国で廉価な端末の登場することによって、我々の生活にも思わぬ恩恵が発生するかも知れません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus