シャープ、モバイル型ロボット電話「ロボホン」を5月26日発売。税別19万8千円

160414-a

 SHARPは、「ロボホン(RoBoHoN) SR-01M-W」を5月26日に発売します。価格は税別19万8千円。予約受付開始は4月14日午後1時より。

 ロボホンは、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授の高橋智隆氏とSHARPが共同で開発した世界初の「モバイル型ロボット電話」。身長約19.5cmで、二足歩行が可能。

 モバイルネットワーク(LTE/3G)に対応し、電話・メール・カメラなどの機能やアプリを利用可能。インストールできるアプリケーションは、ロボホン専用アプリのみで、一般のAndroidアプリはインストールできないとしています。

 フォーカスフリー小型レーザープロジェクター搭載により写真や動画、地図の投影が可能。プロジェクターはHD(1280×720)相当の解像度で投影できます。

 操作は対話でも行うことができ、ユーザーの利用状況やプロフィールを学習、成長することでコミュニケーション能力が向上します。

 音声対話については別途、基本料金「ココロプラン(月額980円)」に加入が必要。SHARPがMVNOとなり展開するモバイル通信サービスへの加入は任意。保守パックへの加入も任意。

 モバイル通信サービスは、データ容量は1GB / 3GB / 5GBの3種類。音声通話プランも選択可能。

sharp

 保証サービスは以下の通り。

sharp-robohon-hosyu

 スペックは以下の通り。

 OS Android 5.0 Lollipop
 SoC Qualcomm® SnapdragonTM 400 processor 1.2GHz(クアッドコア)
 ディスプレイ 2インチQVGA
 実行用メモリ 2GB
 ストレージ 16GB
 カメラ 800万画素 CMOS
 電池 1700mAh
寸法 身長19.5cm, 約390g
 LTE Band1(2.0GHz)、Band3(1.7GHz)、Band19(800MHz)
3G  Band1(2.0GHz)、Band6(800MHz)、Band19(800MHz)
その他 VoLTE, Wi-Fi 2.4GHz, Bluetooth 4.0, GPS
9軸(加速度3軸,地磁気3軸,ジャイロ3軸), 照度センサー
サーボモーター13個

 充電はmicroUSB。付属品はmicroUSBケーブル、卓上ホルダー、ACアダプター。

 鴻海によるSHARP買収を乗り越え、無事ロボホンが実際の製品として出てきたのは嬉しい限りです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus